「バッキーン!」と勢いよく割り箸を割ってしまうときれいに割れませんよんね。割り箸がきれいに割れないと少しイラッとしてしまうものです。

コンビニやスーパーでお弁当を買う際にもらえて便利なのはいいけどうまく割れない。

慎重に割ろうとしてもなかなかうまく割れてくれない事もあります。

なぜこのようなことが起こるのか?

それは、割り箸がきれいに割れるコツを知らないだけなんです。

 

割り箸の割り方のコツって何か道具がいるわけでもないので簡単にできます。
しかし、100%うまくいくわけではありません。

でもこの割り方を覚えておけば確率はぐーんっと上がりますよ!

 

それでは、割り箸の割り方のコツを見ていきましょう。

スポンサーリンク

割り箸の割り方のコツはこれっ!

割り箸を割るコツは

  1. 割り箸を横向きにして利き手で下側を持つ
  2. 利き手を固定して逆の手で持ち上げていく
  3. あとはゆっくり持ち上げていくだけ

たったこれだけです。

 

言葉だけではわかりにくいと思うので、わかりやすい動画を載せておきますので是非見てください。

動画だとより理解できたと思います。

一番大事なのは下をしっかり固定してゆっくりと持ち上げることです。
しかし、下を固定するのが難しい方は割り箸の袋を間にひっかけて固定するとやりやすいですよ!

これ試してみるときれいに割れて結構気持ちいいものですよ。このやり方を知ってからは今のところ失敗はありません。

ほぼ100%成功するといっても過言でありません。

 

それに割り箸のマナーとしてもこの割り方は正解なんです。

箸を横に向けて割ると隣に人にぶつかることもありませんので、この割り方はきれいにも割れるだけでなくマナーとしてもあっているんですよ。

割る際は膝の上でなるべく音を立てないようにするといいですよ!

 

割り箸のマナーについては割り箸のマナー食後はどうするの?意外と知らない注意点!の記事に詳しく書いていますので、マナーについて知りたい方は読んでみてください。

 

注意!

割り箸の中にはどうしてもきれいに割れないものがあります。

木は繊維にそって割れて行きます。
この繊維がバラバラだときれいに割れてくれない割り箸になってしまいます。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回割り箸のきれいに割るコツについて紹介しました。
意外と簡単だったんじゃないでしょうか?

 

割るコツは

  1. 割り箸を横向きにして下側を固定する
  2. もう片方の手でゆっくりと持ち上げていく

簡単にまとめるとこれだけでしたよね。
大事なのは下をしっかりと固定してゆっくり持ち上げていくことです。

 

しかし、中にはどうしてもうまくいかない割り箸が存在してしまいます。これは木の繊維に沿って割ることができない物が存在してしまうからです。

今回紹介した割り方を実践すればいつもより格段にきれいに割ることが可能です。
これからはうまく割れずイラッとしてしまうことが少なくなりますよ

割り箸を使う機会があればすぐにでも試してください。