「御座候ってどういう意味?」

とお悩みではありませんか?

 

普段から使う言葉だったら当たり前のように使えるけど、古い言葉って意味がわからなくて使えませんよね。

歴史物のドラマや舞台などを見ていて、知らない言葉が出てくると、話がうまく入ってこないこともありますから。

まぁ、わかって仕舞えば簡単な言葉の1つなので、この機会に覚えていって下さい!

 

というわけで今回は、古い言葉「御座候」の意味や使い方を例文などを使って、わかりやすく紹介していきたいと思います。

明日から御座候を使っていきましょう!

 

御座候の意味と読み方とは?

松本城

まず、読み方を知らないと話が進まないので、御座候の読み方から紹介しますね!

御座候は「ござそうろう」と読みます。

ここまでオッケですかー?

 

さて、江戸時代とかの時代劇でよく耳にする、「御座候」ってどういう意味なのでしょうか。

ではさっそく、意味をチェックしていきましょう!

◆御座候の意味

御座候というのは、昔でいう「ござある」の丁寧語、尊敬語になります。

簡単に言えば「ござある」の敬語だと思っておけば大丈夫です!

今の言葉に言い換えると「ございます」になります。

どうですかー?

めちゃくちゃ簡単な意味だったでしょう。

時代劇だとよく聞くのは「ございます」という、普段からよく使う意味の言葉だからだったんです。


さて、御座候の意味は、大体イメージできたんじゃないでしょうか?

会話ではどのようにござそうワウを使っているのか、現代文に訳しながら紹介しますね!

では、さっそく御座候の使い方を例文で見ていきましょう!