「風船ガムってどうやって膨らますの?」

とお悩みではないでしょうか?

 

風船ガムって誰もがチャレンジした事がありますよね。食べ物で遊んだらダメだけど、コレだけは誰でもやった事があります。

でも、なかなか上手く出来ないんですよね。

私も子供のころ初めはあまり上手くできなかったんですけど、近所のお兄さんにコツを聞いてから、だんだん上手くできるようになっていたんですよ!

 

なので、今回は私が教えてもらった風船ガムを膨らませるときのコツとやり方失敗する原因など掘り下げてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク


風船ガムの膨らまし方のコツ!

風船ガムの膨らまし方には3つのコツがあります。これさえ抑えておけば、風船ガムをうまく作ることができます。

箸目は上手く行かなくてもだんだん出来るようになるので、今から紹介するポイントは押さえて置いてください。

 

では、順番に紹介していきますね。

風船ガムのコツ①


まず、1つ目のコツとしてはガムを多く口に入れることです。

風船ガムを作るときにガム少ないと息を入れた時に破れやすくなるので、少し多めに口に入れるようにしてください。

そしてよく噛んで柔らかくして、ガムの味が薄くなるくらいがオススメです!

 

そして柔らかくなったらガムを舌で平らに伸ばし、上下の歯の裏に伸ばしたガムをくっつけてください。

 

風船ガムのコツ②

上下の歯にガムをくっつけたら、少し口を開いて下を歯の間に入れていきます。

この時「あっかんべー」みたいに強く下を出すのではなく、ガムを破かないように慎重に。

膜を作るイメージで伸ばしていきましょう!

 

風船ガムのコツ③

ここまで来たら、あとは鼻から息を吸って唇を少し尖らせてガムに息を入れていきましょう。

この時のコツとしては、ゆっくり膨らましていくことです。

勢が強すぎるとガムが破けるので、慎重に息を入れていくようにすると破れにくいですよ!

スポンサーリンク



これが風船ガムを膨らませ方のコツになります。

では、ここで一旦ここまでの内容を順番におさらいしていきますね。

◆風船ガムの膨らまし方!
  1. 風船ガムを多めに口に入れる。
  2. ガムの味が薄くなるまでよく噛む。(柔らかくなるまで)
  3. ガムが柔らかくなったら前歯裏の上下にくっつける。
  4. 少し口を開いて歯の間にあっかんべーのように舌を優しく入れる。
  5. ココでガムを薄くしすぎないように!
  6. 次は、鼻でゆっくり息を吸って慎重にガムに息を入れていく。
  7. 風船ガムの完成!!
以上が風船ガムをうまく膨らませる時のコツになります。

この順番を気をつけて何度か練習すると結構簡単に膨らませるようになれますよ!

私も子供の頃に近所のお兄さんに教えてもらって、次の日にはうまくできてましたからね。

 

風船ガムがうまく膨らまない時には、ちゃんとした原因があるんです。成功率を上げるためにも、失敗しやすくなる原因を知っておくことも大切!

なので、次は膨らませら時の注意点を見ていきましょう!

 

膨らませる時の注意点!失敗の原因は?

そもそも風船ガムは膨らませることが前提で作られているので、何度か練習すれば上手くできるものなんですよ。

でも、いくつかのポイントで失敗してしまうのも事実です。

なので、しっかり失敗しやすい原因も抑えて起きましょう!


ガムを膨らませるときに失敗してしまう原因は
  • 口に含むガムの量が少ないガムの
  • しっかり噛んでいない(柔らかさが足りない)
  • 鼻呼吸ができない
  • 膨らませる時の息が強すぎる
この4つが考えられます。

 

先ほど紹介した、風船ガムのコツでお伝えしたポイントを抑えていれば、何回か練習すると上手く膨らませることが出来ます。

なので、失敗の原因とコツをしっかりおさえてチャレンジしてください!

小さいお子さんに教えるときは誤飲などしてしまわないように注意してあげてくださいね。

スポンサーリンク



ガムには色々種類がありますよね。

風船ガムとその他のガムでは何が違うのでしょうか、知っておくと膨らましやすいガムがわかりますからね!

次は、風船ガムと他のガムの違いを見ていきましょう!

オススメ記事

指パッチンのやり方!コツは音が鳴る原理を知ることだ!!

 

風船ガムと普通のガムの違いは?


風船ガムって何が違うのかって意外と知らないですよね。

ガムといっても虫歯や口臭予防、眠気を覚ますなどいろいろあります。

これらのガムと風船ガムの違いは含まれてる粒子が違うようです。風船ガムは他のガムと違って「軟らかくなり易い原料、丈夫な膜が作れる原料」が含まれ、普通のガムと全然違うつくりになっています。

例えば、普通のガムってしばらく噛んでいると硬くなりますよね?

でも、風船ガムの場合はガムを軟らかくする軟化作用(なんかさよう)があるので、ある程度膨らましやす差をキープしてくれると言うわけです。 

なので、ガムを膨らませたいときは
  • 風船ガム
  • フーセンガム
  • ふ~せんガム
など表記されてるものを選んでくださいね♪

まぁ、上手い人になると普通のガムでもある程度膨らませられるので、もし普通のガムでやりたいときは、練習してこの領域にたどり着けるようにするしかないですね。

 

さて、ここまで風船ガムのやり方やコツなどを見てきました。

最後に、今回お伝えした内容を間他にまとめたので、忘れないうちにおさらいしていきましょう!

まとめ

今回消化した内容は以下内容でしたよね。

◆風船ガムを膨らませるコツ
  • ガムを多めに口にいれて、やわらかくする。
  • 派の裏にガムをつけて、あっかんベーみたいに舌を出してガムの膜を作る。(膜は薄すぎたらダメ!)
  • そして鼻から息を吸って、ゆっくり息を入れていく。
 

◆失敗する原因
  • 口に含むガムの量が少ないガムの
  • しっかり噛んでいない(柔らかさが足りない)
  • 鼻呼吸ができない
  • 膨らませる時の息が強すぎる
 

◆風船ガムと他のガムの違い
  • 風船ガムは「軟らかくなる原料、丈夫な膜が作れる原料」などが含まれている。
  • また、普通のガムは噛んでいると硬くなるけど、風船ガムはある程度軟らかさをキープする。
風船ガムのコツなどを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

今回紹介したコツや失敗しやすい原因などを頭にいれて、何度か練習したらたぶん簡単に出来るようになるますよ!

後は練習あるのみってやつです。

 

では今回はこの辺で!

最後まで、読んで頂きありがとうございます