機内食はおかわりできるの?

おかわりする男性

機内食はおかわりできるのか?この答えを結論から言えば、

  • 基本的におかわりは出来ない

となっているんですよ!

 

「えっ!一回くらいお代わりできるんじゃないの?」

と思われるかもしれません。

 

実際に、おかわりした事があるよ!なんて意見もよく聞くので、これはちょっと気になりますよね。

確かに、このように何名かのお客様には、お代わりできたりする場合があります。

これは、機内食は二種類用意されてる事が多いので、確かに何名かのおかわりは残ってることがあります。

しかし、基本的には搭乗する乗客数の分の量しか積まない事が多いんです。

 

でも、乗客全員がおかわり!となると、誰かの分が足りなくなって、トラブルにもなりますよね?

なので、基本的にはおかわりは出来ないという風な、暗黙のルールがあるみたいですよ。

まぁ、おかわりはCAさんの判断次第になります。


さて、おかわりができる場合があるという事でしたが、どういう時に追加をもらえるのか気になりますよね!

なので次は、機内食でおわかりできる場合とは?どのような時なのでしょうか。

 

機内食でおかわりできる場合は?

原則的にお代わりは出来ないという事でしたが、色々な人がおかわり経験があったりしますよね。

それにはいくつか理由があります。

  1. 事前に食事を済ませている。
  2. 機内に食べ物を持ち込んでいる。
  3. 機内食のカロリーがきになるから食べない。
  4. 気持ち悪くなって食欲がない

など色々な人が飛行機に乗ることから、このような理由で余る事が多いみたいです。

なので、この場合にはお代わりできる確率が高くなるみたいです。

特に、機内食のおかわり分が残る可能性が高い時間帯があるんです。

それは、

  • 朝の機内食

朝はまだ眠っていたり、食欲がなかったりなど特にお代わりできる時間帯みたいですよ〜

 

エコノミーの機内食

しかし、原則は「おかわりは無い」という事なので、頼むときは以下のばポイントを抑えておきましょう!

◆おかわりする時のポイント

  • 乗客全員にくばり
  • 「すみません、もし余っていたらお代わりもらえませんかー?」
  • 高圧的に聞かない(お客様は神様感)!笑

以上のことを注意しておけばいいと思いますよ。

 

実は、機内食のおかわりがなくても、ほかに食べ物をいただける可能性があるんですよ!

それは、機内のある所にあるんです。

さて次は、おかわりが無い時に食べ物をもらう方法を見ていきましょう!

関連記事