夕方以降の時間って何時の事?

悩んでいる女性

夕方以降って言うのはいつ頃のころを指しているのかは、まず以降の意味を知らないといけません。

以降の意味としては「○○より後の事」を言います。

そして、例えば10時以降だった場合は10時も含めてその後の事を言うんですよ!

なので、夕方以降って言うのは「15時~18時(夕方)を含めて後」事を指すと考えられますよね。

どこで夕方以降って言われたかで時間が変わりますが、基本的にサービス業などは16時~の事を夕方ということが多いように感じます。

参考:以降の意味とは?含むのか含まないのか?時間の範囲を徹底解説

 

あとアルバイトの面接とかでも夕方以降って使われることが多いですよね。これも正しい日本語としては、夕方の時間帯を含めてという意味になります。

しかし、担当の方が以降の意味をちゃんと分かって使っているのかは分からないので、確認するほうがいいとは思いますよ!


では、最後に今回の内容をまとめたのでおさらいしていきましょう!

 

夕方って何時から?~まとめ~

今回は夕方が何時ごろなのかいろいろな目線で見てきました。

◆夕方は何時から何時まで?

  • 一般的に多いのは「16時から17時頃」
  • 気象庁では「15時18時頃」
  • 宅配業界では「16時~18時頃」
  • 放送業界では「日没前後の事なので季節で違う」
  • 日本語での意味は「日が暮れてよるまでの間の事」

◆夕方以降の時間て何時?

  • 以降の意味は「10時以降だったら10時を含めてその後のこと」
  • なので、夕方以降も夕方を含めて後の時間帯をさす。
  • でも、以降の意味を間違って使っている人も多いので、確認した方がいいと思います。

今回は、「夕方の時間帯が何時から何時まで」を指すのかを見てきましたが、どうでしかたかー?

これで、もう夕方の時間で迷うことは無いんじゃないでしょうか。

これは意外と知らない人が多いことなので、知り合いに教えてあげるといいかもしれませんね!

 

では、今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございます。