夕方って何時から何時まで?

夕方の風景

夕方は日本語としては、日が暮れた事を指す言葉なんですが何時からかというと、国の機関である気象庁では天気予報の用語として、ちゃんと何時からか決まっていますよ!

テレビの天気予報では「夕方から曇りでしょう」などと行っているので、これは参考になるんじゃ無いかと思います。

気象庁の中では、

  • 15時~18時頃まで

と天気予報ではこの時間帯を指す意味として使われています。

私の中では「16時くらいかな~」って思っていたので、天気予報では時間が決まっているのは少し驚きですよね!

気象庁の夕方と、あなたが思っていた夕方の時間帯と差はありましたか~?

 

私の周りに友人に聞いたときに多かった、夕方の時間帯は「16時~17時の事だ!」と言う意見でしたよ!

もし夕方で待ち合わせとかだったら、季節や人によって違うかもしれないけど基本的にはこの時間が一番正確なのかも知れませんね。

 

しかし、先ほどの時間帯は予報用語での時間で、これって業界が違うと夕方が何時から何時まで定義が違ったりするので注意は必要ですよ!


今回、夕方について調べていくうちに業界によって定義が違ったので、知っておくと便利なので覚えておいたほうがいいかもしれません。

なので次は、業界ごとの夕方の定義について一緒に見て行きたいと思います!

夕方の時間が何時かって業界で違う!?

今回調べてきたのは、私たちと関りが深い「飲食業界・宅配業界・放送業界」で夕方の定義を調べてきました。

では、表にまとめたのでさっそく見て行きましょう!

夕方は何時から夕方は何時まで
気象庁15時頃から18時頃まで
飲食店16時から18時まで
宅配業界
放送業界日没前後のこと
日本語の意味日が暮れ始めて夜になるまでの間の事(何時とかではなく、日が沈んでいく時間)

飲食や宅配って直接関って良く利用する人が多い業界なので、私たちが思う夕方と同じ時間になっているのかもしれませんね。

まぁ、逆に私たちが影響されてるとも考えられますけどね・・・(笑)

 

さて、以上が夕方の時間帯となっています!

 

あと夕方と言えば、いろんな所で「夕方以降にお越しください」なんて言われることがありますよね。

次の章では、夕方以降について様々なシチュエーションで何時くらいの事を言うのか、について紹介しているので一緒に見ていきましょう!