深夜の便

先ほど紹介した二つの時間帯ではいい感じで機内食が出てきましたが、00時といった深夜に出発する便も少なくないですよね?

この場合はどのようなタイミングで機内食が出てくるのか、それは「まず離陸後にパンなどの軽い軽食、そして着陸前にはがっつりの朝食が提供」となっています。

つまり。

  • パンなど超軽食
  • 朝がっつりご飯

が深夜便では提供される。

 

やっぱり、この時間まで遅い便となるとすぐに寝る方やご飯は済ませている人が多いので、飛行機に着いたら「機内食はいりません!」という方が非常に多くなっているからのようですよ。

なので、深夜便に乗る時は「ご飯は食べておく!」これが鉄則!

 

以上が国際線のフライトで機内食の出てくる時間帯となっています。

じゃあ、国内線だったら機内食っていつ出てくるの?そもそも国内線だったら無いの?なども気になってしまいますよね!

なので次は、国内線の機内食の場合はどうなっているのかチェックして行きましょう!

関連記事


国内線の場合は?

さて、ここまでは国際線での長距離フライトの場合、機内食はどの時間帯に出てくるのかを見てきました。では、より良く利用する国内線の場合はどうなっているのでしょうか?

 

実は、基本的に国内線では機内食は提供されません。

まぁ、国内だとそれほど時間的にも乗らないと言うのが大きな理由となっています。でも、中には機内食が提供される時もあるんですよ!(金は高くつきますが。笑)

◆国内線で機内食が出る場合

国内線で機内食が出るのは、「エコノミーより上のクラス」で搭乗した時のみです。

例えば、ファーストクラス(JAL)・プレミアムクラス(ANA)は、出発する時簡によって「朝、昼、夕」のどれかに機内食が提供されるみたいです。

つまり、お金を多く払ってクラスを上げれば機内食はあるけど、エコノミークラスの場合は機内食は出てこないので待たないようにしましょう!
(私は修学旅行で待ってたけど出てこなかった・・・笑)

 

さて、ここまで機内食が出てくる時間帯に着いて見てきました。

始めの方ちゃんと覚えてますかー?

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!

まとめ

今回は機内食の出てくる時間帯を見てきました。

 

◆機内食の時間帯

  • 離陸後の2時間後
  • 着陸前の2~3時間前
  • 10時頃の便「離陸した1時間後に昼ご飯、着陸の二時間前に軽い夜ご飯として軽食」
  • 19時以降の便「離陸して1時間後に夕ご飯、離陸前に朝ご飯の提供」
  • 深夜の便「まず離陸後にパンなどの軽い軽食、着陸前にはがっつりの朝食が提供」

◆国内線の場合

  • エコノミーは基本的に機内食は無い。
  • エコノミーより上のクラスだと時間に応じて機内食が出てくることが多い。

機内食ってあまり食べる機会が無いから食べたいですが、普段使う国内線では我らがエコノミーでは出てこないんですね。残念です・・・

でも、国際線だったらある程度の距離が遠いフライトだと機内食が出てくるので、海外に行く時はこの記事の時間帯に出てくることが多いので、余裕を持っって機内食を待ってくださいね!笑

 

では、今回はこの辺りで!

最後まで読んでいただきありがとうございます。