機内食の時間帯は?

時計を見る女性のイラスト

基本的な機内食の時間は

  • 離陸後の2時間後
  • 着陸前の2~3時間前

が多くなっています。

これはイタリアやフランスなどヨーロッパの国々、ハワイなどの長距離のフライトの時に提供される機内食が出てくる時間帯となっています。

他の国際線でも、お近くの中国などアジア圏の場合は出発時間によって離陸後or着陸前のどちらか一食となるんですよ~!

 

以上が大まかな機内食のタイミングとなっています。

しかし、これは出発する時間帯によっても変わってくるんですよ!

なので次は、出発時間別の機内食の時間帯について掘り下げてチェックして行きましょう!

出発時間で機内食のタイミングは違う!

基本的には、先ほどのタイミングで提供される機内食ですが、同じ行き先でも出発時間で結構変わってきます。

飛んでる飛行機のイラスト

10時ごろの便

国際線などの長距離フライトで、10時頃出発するお昼の便の場合は「離陸した1時間後に昼ご飯が出されます。そして、着陸の二時間前に軽い夜ご飯として軽食が提供」となっています。

つまり、

  • 昼ご飯
  • 軽い軽食(夕飯)

の二つが10頃の便では出されます。

19時以降の便

19時以降に出発する便の場合は、「離陸して1時間後に夕ご飯が出され、着陸前に朝ご飯の提供」となっています。

つまり、

  • 夕飯
  • 朝ご飯

が19時以降の便では出されます。