以降の時間の範囲って?

さて、以降の意味は当日も含めてそれより後のことでしたよね。

では、「〇〇時以降」の場合もその時間も含めていいのでしょうか?

 

その答えはイエスです!

これはここまで見てみると当然わかったんじゃないでしょうか。さっきの「以」のところと同じ事ですね。

なので、14時以降に来て下さいと言われたら14時〜行けば良いということになります。

 

つまり、ここまでお伝えした以降の意味としては、

  • 当日も含める
  • 時間の範囲は14時以降だったら14時も含める

となります。

 

以降に関してはこれで大丈夫なんじゃないでしょうか。

あと、以降に関して見ていると多かった疑問が「以降と以後」の違いについてです。

確かに、似ている言葉なのでキチンと意味を知っておきたいですよね?

せっかくなので次は、以降と以後の違いをチェックしていきましょう!

以降と以後の違いって?

以後との違いとしては、ややこしくてニュアンスが少し違う、といったイメージをしていただければと思います。

では、まずは以後の意味を見ていきましょう。

◆以後の意味

  • これから先
  • 今から後
  • その時から後

などの意味があります。

んー、ここまで見てきた以降と意味の違いがわかりにくいですよねー?

でも、少し違うニュアンスがあるんです。

以降はある時点からがハッキリしている

以後はある時点がふんわりと決めている

といった違いがあります。

また、使っている言葉から考えた違いとしては、

「以後気をつけます」

「以降気を付けます」

でわかる通り、使い方によって違い話あります。

しかし、明確な違いってないんですよ。というのも、以降・以後もどちらの対義語が以前と同じですから。笑

 

さて、ここまでの内容をまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

 

以降の意味~まとめ~

さて、さっそく以降の意味についておさらいしていきましょう!

◆以降の意味とは

  • ある時より後を指す

◆以降は当日を含む?含まない?

  • 当日を含めてそれより後のことを指します。
  • 例えば15日以降は15日も含めます。

◆以降の時間の範囲

  • 時間の範囲もその時間を含める。
  • 12時以降だったら12も含めて後のこと。

◆以降と以後の違いとは

  • 明確な違いはなくて、使い方が少し違うだけ。
  • どちらの対義語も以前と同じ。

以降ってよく聞く言葉ですが、ちゃんと基準を知らない人が多いのでトラブルは避けたいです。

今回は、以降の意味をしっかり見てきたので、間違うことはないと思いますよ〜!

でも、周りが知らないとアレなので、教えてあげるのもオススメです。

 

では、今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございます。