バルスの使い方を紹介!

バルスの使い方としては、ラピュタの放送時間内にSNSやネット掲示板で、「バルス!」と書き込むことが一番多いですよね!

 

あとは、友達とのLINEで「破滅・破壊・崩壊」といった意味で、使うことも多いようです。

例えば友達が恋人との惚気をいってきたときにふざけて「バルス!!」と言ったりなどでしょう。

 

こんな感じ↓↓

みき
ねぇ、あかね!私彼氏できたの〜【画像】
あかね
へぇ〜、よかったね!おめでとう!!
みき
あかねも早く彼氏つくりなよ〜
あかへ
くそがー!バルスッ!!!

と言った会話が学生時代何度か見かけたことがあります。笑

 

あとバルスといえば、もはや恒例行事の「バルス祭り」って、どこから始まったか知ってますかー?

バルス祭りがツイッター始まった理由は?

SNSを覗く男たち

日本テレビ系列で放送される金曜ロードショーは、毎年絶対ジブリ作品が再放送されますよね。

なかでも、一番盛り上がるのが天空の城ラピュタの「バルス祭り」です。

 

今では、2chやツイッターが主なバルス祭りの現場となっていますが、

元々は2chなどのネット掲示板の実況をする書き込みに、大量のバルスを投稿する遊びが元ネタ!

崩壊の呪文ということで、2chのサーバーが落ちるとサーバーの崩壊とか蹴られていたのでしょう。

なんとも恐ろしい遊び方!笑

 

これが次第にツイッターの利用者が増えたこともあり、舞台はツイッターの方がバルスのつぶやきが多いようです。

しかし、初めの方は利用者が今ほど多くなかったので、ツイッターはサーバーダウンすることはなかった。

また、一秒間のつぶやき数ギネス記録は、「あけおめ」と「バルス」の更新の繰り返しなのも楽しいです。

 

ちなみに、Googleアシストにバルス!というとちゃんと返事をしてくれるんですよ〜。

 

しかし、このバルス祭りが原因で一般の利用者が困るという事で、ツイッターが規制をしたという噂がありましたよね!?

果たしてどういうことなのでしょう!

バルスが禁止?ツイッターでツイートを規制した!?

バルスをツイッターが禁止又は規制されているというのは、正直言えば全くのガセネタです!

これはバルス祭りが行われてから、毎年のように出回っているガセネタなんですよ!

出回る画像とかも、結構凝ってるので信じる人も結構多いようですよー。

 

しかし、実際にサーバーに負担がかかって、落ちるまで行かなくても遅延することは多々あります。

本当はツイッター側の思いはどうなのでしょうか。

これについてツイッターの日本支社の方は、

「このようにツイッターを使って盛り上がってくれるのは、ありがたいことにです。」

とコメントを出しているようです。

あと、放送側の日本テレビもバルスの時間を予測しようというサイトを作られたりもしています。

そう考えると、関係している人はそれなりに楽しんでいるのかもしれませんね!

 

さて、ここまでバルスについて見てきました。

最後にまとめを作ったのでおさらいしていきましょう!