ドラアイスの扱う時には注意を!

ドライアイスは温度が「約-79℃」ほどなので、この温度なので扱い方を間違えると怪我をしかねません。

まず、一番気をつけたいのは「凍傷(とうしょう)」の危険性。なので、軍手などをつけた方がいいですね。

また、二酸化炭素で出来てるため、口に含むと凍傷と中毒になる危険もありますから。

 

◆実際に怪我した経験

小学生の頃、配達の姉さんにドライアイスを貰った友達と、ペットボトルに入れて密閉しました。

爆発するってテレビで見てたんですが、子供だったので興味の気持ちの方が買ってしまったんでしょうね。笑

なかなか、爆発しないのでペットボトルの近くに見にいった時…

ペットボトルの底が爆発して、顔面にキャップの硬いところが凄い勢いで飛んできてしまい、アザになっちゃったりしました。^ ^

調べて知りましたがドライアイスが気化すると、750倍に体積が膨らむそうです。笑

 

ドライアイス関連

 

さて、今回はドライアイスの作り方を見てきました。

どうでしたかー?

作り方は簡単だったけど、買った方が安くて便利だなーって思うまた方が多かったですね。

 

では、最後に今回の内容を簡単にまとめたので一緒に見ていきましょう!

関連記事

 

まとめ

今回は、ドライアイスの作り方を見てきました。

◆ドライアイスの原材料

  • 基本は二酸化炭素だけが材料。
  • また、工場で出た副産物で作られることが多い。

◆ドライアイスの作り方

  • 二酸化炭素消火器と布だけを用意する。
  • 消火器の噴出口に布をかぶせて、発射させていくと完成です。

◆ドライアイスの注意点

  • 素手で触れない。
  • 食べると凍傷や二酸化炭素中毒の可能性。

 

作るには二酸化炭素消火器が必要なので、すぐに試せる方法ではないけど、ネットでも買えるし簡単。

まぁ、試す方は慎重にしたくださいね〜。

多分、ほとんどの人は試さないと思いますけど。^ ^

 

では、今回はこの辺りで!

最後まで読んで頂きありがとうございます。