「10円玉をピカピカする方法って?」

「それに、どうしてピカピカになるの?」

とお悩みではありませんかー?

 

小学校の頃に、10円玉を綺麗にする実験をやったことがあるけど、調べてみると結構いろんな方法があるんですね!

また、なぜピカピカになるのか?

についても理由がちゃんとあって、それを知ると他にも代用できるかも!と見えてくるものがありますよ。

最近は、長期休みの自由研究にする人も多いみたいですね〜。

 

なので今回は、10円玉をピカピカにする方法や、10円玉がピカピカになる理由など、掘り下げて見ていきましょう!

スポンサーリンク

10円玉をピカピカする実験方法!

十円玉のイラスト

あなたも知っての通り、10円玉って銅出で出来ていますよね。といっても、10円玉の90%がどうというわけですけどね。

つまり、10円玉が黒ずんでいくのは銅が酸化して行くので、サビて綺麗じゃなくらっていくわけですね。

この辺りは後半で詳しくお伝えしています!

 

さて、というわけでこのサビ(酸化)を落とすことで、10円玉をピカピカにしようぜ!って言う訳になります。

サビを取るといっても難しい調合とかしないで良くて、家にある「しょっぱい・すっぱい食品」でピカピカに出来るんですよ。

例えば、「酢」などが挙げられます。

酢以外にも、たくさん使えるものが多いんです。

◆10円をピカピカに出来る物

  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • ウスターソース
  • しょうゆ
  • タバスコ
  • レモン
  • 梅干し
  • 食塩水
  • 焼肉のタレ
  • ポン酢 など

※臭いが10円玉に残りそうなものはやめたほうがいいです。

 

◆食品以外では?

  • 重曹
  • クエン酸

※掃除にも使えて便利なので持っている方が多いかも!

 

さて、10円玉がピカピカに出来る物の中に、あなたの家にも何かありましたかー?

多分、マヨネーズくらいはありますよね!笑

みんなマヨラーですから^ ^

 

次は、実際に10円玉をピカピカにする方法をお伝えしていきますねー!

スポンサーリンク

 

10円玉をピカピカにする方法と手順!

ここからは、先ほどの中のものを使って10円玉を綺麗にしていきましょう!

◆手順

  1. まず、酢と10円玉、液体を入れられる器を用意します。
  2. 器に酢などを、十円玉が漬かるくらいの量入れる。
  3. その中に10円玉を入れて数分待つすると、10円玉がキレイにピカピカになっています。
  4. 軽く水で洗ってから水分を取ります。

※酸化具合によっては、もう少し長い時間付けて置いた方がいい。

 

どうでしたかー?

結構簡単に綺麗に出来るので、財布の中の10円玉をピカピカにしたいときは参考にしてください。

でも、ケチャップやタバスコは臭いが付くので注意ですよ!笑

◆動画はこちら

実際に、この動画みたいに時間もそれほど掛からないので〜。

 

さて、10円玉を綺麗にする方法はもうお伝えしました。

では、次は10円玉がピカピカになる理由は何なのか?について詳しく見ていきましょう!

 

10円玉がピカピカになる理由

ちょっと化学の授業で聞いた話になりますが、10円玉が黒ずんだ色になるのは、酸化することが原因というわけですよね。

これは10円玉に含まれる「銅と酸素と結合した酸化銅」の色になるというわけです。

何度かお伝えしてますが、酸化銅はサビて時っていると言うことになります。

さて、ここまで大丈夫でしょうか?

 

◆酢などでピカピカになる理由は?

今回は、10円玉がピカピカになる方法をお伝えしてますよね。

では、なぜ綺麗になるのか?

これは10円玉の表面の錆び(酸化)たところを溶かして、下の綺麗なところが表に出てくると言うわけです。

詳しく言えば

「酸化銅(10円玉)」+「酢酸(お酢など)」=酢酸銅(錆びてた表面)になって溶け出す。

 

以上が綺麗になる理由になります。

つまり、簡単に言えば「表面のサビをお酢などで溶かすと綺麗なところが出てくる」ってだけです。

スポンサーリンク

 

「あれ?でも、貨幣を溶かすのって犯罪なんじゃ!?」

って思う方もいますよね。

次で、10円玉をピカピカにすると違法なのか?についてもまとめてあるので、そちらもチェックしていきましょう!

 

10円玉をピカピカするのは違法?

あなたも故意にお金を溶かしたり、壊したりするのは犯罪と聞いたことがありませんか?

実際、貨幣損傷等取締法(かへいそんしょうとうとりしまりほう)があります。これでは貨幣を傷つけたりするのが禁止されてます。

じゃあ、10円玉の表面を溶かすのはどうなの?ってなります。

 

この法律は「貨幣の信用を損なうことを禁止する法律」なので、ピカピカにするのが損傷か?と言うところです。

なので、違反かは微妙となっていますね。

まぁ、ピカピカにする方法が法律違反の場合は、日本の結構な人がその対象になってしまいますけどね。笑

でも、やり方が機械で削るとかならアウトでしょう。

スポンサーリンク

 

最後に、今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

今回は、10円玉をピカピカにする方法や綺麗になる理由について見てきました。

◆10円玉をピカピカに出来る物

  • すっぱい・しょっぱい食品を使う。
    「酢」「食塩水」「マヨネーズ」
  • 重曹・クエン酸などを使う。

◆10円玉をピカピカにする方法

  • 一覧にあげたも物に10円玉を数分つけておくだけでピカピカになる。
  • サビの度合いで漬け込む時間は長くなる。

◆ピカピカになる理由

  • 10円玉が酸化して表面が「酸化銅」になる。
  • 表面の「酸化銅」をお酢など「酢酸」で溶かす。
  • すると、サビが酢酸銅になって溶け出して、綺麗なところが表面に出てくる。

 

10円玉をピカピカにするのは楽しですが、使うものによっては臭いが付くので!

レジの人が「なんかこの10円臭うぞ!」ってならないように気をつけた方がいいですよ〜。笑

 

では、今回はこの辺りで!

最後まで読んで頂きありがとうございます。