「雪の時にワイパーを上げる意味って?」

と思ったことありませんか?

 

雪の季節になると車のワイパーを上げている車は、スキー場や雪国では風物詩です。

でも、雪に慣れてないとなぜワイパーを立てているのかってよく分りませんよね。

  • ワイパーは立てないとまずいのか
  • ワイパーを上げる意味ってあるのか
など気になることが多いですよね?

 

なので今回は、雪の日にワイパーを上げる意味や理由をお伝えしているので、ぜひ参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク


雪の時にワイパーを上げる意味とは?

雪の日にワイパーを上げる車
雪の日にワイパーを上げる意味はいくつかあって、簡単に言えばワイパーを守ると言う理由なんですよ。

 

雪が降るのにワイパーを下ろしたままだと、雪がワイパーの上からフロントガラスにたまりますよね。

このとき困ってしまうのは、ワイパーとフロントガラスの間が凍ってしまうこと。

 

つまり、ワイパーを上げる意味というのは、
  • 雪が積もるとワイパーと窓の間が水分で凍ってくっつくのを防ぐ。
  • ワイパーを窓からはがす時にゴムが痛まないためということです。
  • つまり、ワイパーを痛めず寿命を短くしないため。
このような意味があるので、雪が降る前にワイパーを立てることが大切なんですよ。

 

もし凍っているワイパーを動かしてしまうとどうなるのでしょうか?

◆凍ってるのに動かすと?

ちょっと積もってるだけだから、ワイパーで落とせば良いと思っている人は多いんです。

でも、フロントガラスにワイパーのゴムが固まっていると、千切れたり痛む可能性があります。

千切れるまでは行かなくても、変形してしまうと普段使うときに、不具合があるので交換しないといけなくなりますよね。

 

あと、ワイパーのゴムだけじゃなくて、ワイパーのモーターにも負担が掛かるので、焼きつく可能性もありすよ。

 

なので、雪の予報が出ている時は念のために、車のワイパーを立てる事を忘れにした方が無駄な出費を防ぐ節約にもなるというわけです。

しかし、上で紹介した意味以外にも、雪が降った時にワイパーを上げる理由っていくつかあるみたいです。

スポンサーリンク


では、次はワイパーを立てる意外な理由を見ていきましょう!

雪の日にワイパーを立てる理由

先ほどは、一般的なワイパーを上げる理由は「ワイパーのゴムを痛めないため」となっています。

しなし、これ以外にもワイパーを上げるメリットがあるんですよ。

 

そのメリットは、
  1. ワイパーアームの変形や所定位置からズレるのを防…
  2. 雪かきをスムーズにするため
  3. 雪に埋まった車を見つけやすくするため
など、この3つもワイパーを立てる理由になっているんですよ。

では、この理由がどのような事なのか?一つ一つ詳しく見ていきましょう!

 

①ワイパーアームの変形や位置ズレ

雪が積もっているときにワイパーを下げた通常の状態のままだと、ゴムが痛むだけではありません。

雪がワイパーの上に積もると、雪の重さでわのアームが歪んでしまう可能性があります。

またごくわずか、ワイパーとモーターを固定している、部分が雪の重さでずれることも考えられるんですよ。

 

◆この状態でワイパーを動かすと

ワイパーが歪んでいたり、普段の位置からずれているときに動かしてしまうと、
  • 動作するタイミングがズレる
  • フロントガラスの上でワイパーがぶつかる。
この二つの可能性があって、危険な状態なので注意が必要。

観音開きワイパー(左右のワイパーを内側に折りたたむ動作)の場合は、特にぶつかる事が多い。

スポンサーリンク


②雪かきをやり易くする為

雪が降った日には雪かきをしますよね。

車の上に積もった雪を落とさないと、運転する時には邪魔になってしまうので、きちんとしないと危険です。

この時にワイパーを上げていないと、スムーズに作業ができないんです。

雪の日にワイパーを立てない車
ワイパーは繊細で壊れたりするので、慎重に慎重にと作業をする時、下げたままだとやりにくいですよね。

また、雪が積もってるとワイパーの場所もわからなくなって、傷つけてしまうこともありますからね〜。

 

 

③雪の中の車を発見しやすくする為

これは大雪が毎年ふる雪国特有の理由なんですが、積雪量がすごいと車が埋まってどこにあるかわからなくなるんですよ。

なので、

「雪で隠れた車を発見する目印」

という一面もあるみたいです。

雪国と言われる地域以外でも、年によっては大雪が降る事があるので、覚えておくといいですよ♪

◆雪の時のワイパーの立て方

雪が降ってきたらワイパーを立てますが、その立て方は、ワイパーを持ちあげて、車のウインドウから少し離しておくだけです。

手間も時間もそれほどかかりませんので、雪が心配な時は、ワイパーを立てるようにしましょう。

ここまでお伝えした内容が雪の日に車のワイパーを立てる理由となります。

これを見ると雪の予報の時は、「絶対にワイパーを立てないといけない!」と思ったんじゃないでしょうか!笑

スポンサーリンク


今回は雪の日にワイパーを上げる意味や理由を見てきました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめたので忘れないよう、一緒におさらいして行きましょう!

 

雪の時ワイパーを上げる意味~まとめ~

では、さっそく今回の内容をおさらいして行きましょう!

■雪の日にワイパーを上げる意味
  • 雪が積もるとワイパーと窓の間が水分で凍ってふっつくのを防ぐ
  • ワイパーまどをはがす時にゴムが痛まないためということです。
  • つまり、ワイパーを痛めず時妙を短くしないため。
■雪の日にワイパーを立てる理由
  • ワイパーアームの変形や位置ズレ防止
  • 雪かきをやり易くする為
  • 雪に埋まった車の発見
ここまでワイパーを立てる理由を見てきましたが、いたかがでしたかー?

冬になって雪が降りだすと、よく見る光景だけど意外と理由を知らなかったりするので、この機会に覚えていってください!

あなたが住んでいる地域で雪が降った時にも使えますから〜。