「パチンッ」

と高い音を指で鳴らす指パッチン。正式名称フィンガースナップ。

指パッチンといえば、マジシャンがかっこよく鳴らしているイメージが強いですよね。

あなたもマジシャンの真似をして指パッチンをに挑戦したことがあるんじゃないでしょうか?でも、マジシャンの様になかなか上手くできませんよね。

 

私も小学生の頃に生でマジックを見て真似したものです。でも、音が鳴るなるまで結構かかりました。

まぁ慣れたらめちゃくちゃ簡単なんですけどね。

 

指パッチンをやる上で知っておいて欲しいのは、なぜ指パッチンは音が出るのか?という原理を知っておくことが一番の近道だと私は思いますよ!

 

同じ練習するにしても

「こうやって音が出るのか!」

と意識して指を使うだけで結構変わってきますからね。

 

というわけで今回は指パッチンのやり方やコツなどをわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

指パッチンが出来ない!という方がこの機会に練習を始めて見てください。

スポンサーリンク

指パッチンのやり方!

そもそもなぜ指パッチンで音が鳴るのか?

これは指の摩擦による音ではなく、弾かれた中指が親指の付け根に当たることによってパチンッと鳴るわけです。

つまり、空気が弾かれることによって音が鳴るんです。

手のひらで鳴らす拍手とほとんど原理が同じなんです。拍手と原理が同じと聞くと指パッチンって単純でしょ?

なので、指パッチンをする時意識したいのは、中指を親指の付け根に向かって勢いよく弾くこと。

では、指パッチンの鳴らし方を見ていきましょう!

 

先ほどもお伝えした通り使うのは中指と親指

手は左右どちらでも構いませんが、まぁ当然ですが利き手でやったほうが上手く出来ますよ。

  1. まず、中指を少し曲げる
  2. 親指と中指の腹を立てくっつける
  3. 薬指は親指の付け根に
  4. 親指をストッパーにして勢いよく中指を弾く

この時、親指は中指の第一関節より少し上までくっつけ、接触面を出来るだけ多く作る方が勢いよく指を弾くことができます。

また、薬指は曲げず伸ばした状態で親指の付け根につけ、小指は少し手のひらに着くようにして空洞を作る。

 

 

大体はこの方法で上手く鳴るようになると思いますよ。もし、鳴らない場合は少し指を調節などをするといいでしょう。

スポンサーリンク

 

さて、指パッチンのやり方やポイントほお伝えしました。

でも、鳴るには鳴るようになったけど、まだ綺麗に音が鳴らないという事もありますよね。

なので次は、綺麗に音を鳴らす為のコツをいくつか紹介したいと思います。

 

指パッチンのコツはこれ!

指パッチンのコツは、自分の鳴らしやすい指の位置を知ることが大切です!

どうやってその位置を確かめるのか?

それは練習している時に指を何度かずらしていき、一番のいい音の場所を探すことです。中でもオススメなのが音の鳴りやすい空間で練習する事です。

指パッチンは手が乾燥していると鳴りにくいものです。なので、練習するのはお風呂に入っている時がオススメ

お風呂場では指が乾燥する事もないですし、それに音が響くので音が鳴るように鳴ると反響して楽しいですからね。

 

それともう1つのコツは「手は軽く握る」。

指パッチンで音を鳴らす時に力を入れるのは、中指と親指を離す時の一瞬だけで良いんです。

変に指に力が入ると上手く鳴らないので、優しく包むようにして握るのがポイントです。

 

ここまでのやり方やコツを意識して、何度か練習していると早く良い音が出るよう鳴ると思いますよ!

練習して極めると指パッチンだけで音楽を奏でられるようにもなりますからね。ちなみに、私はできませんけどね。(笑)

 

上手い人はこんな感じです♪

どうですか?

この人めちゃくちゃ上手いですよね!

ずっと練習しているとここまで、指パッチンを極められるとは私もビックリしました!

オススメ記事

風船ガムの膨らまし方と3つのコツ!やり方が分かれば超簡単!!

まとめ

ここまで指パッチンのやり方やコツをおつたえしてきました。最後に今回のポイントをおさらいしていきましょう!

  • 指パッチンは摩擦音でなく拍手と同じ原理で空気の音。
  • 中指が親指の付け根に当たる時に音が鳴るのを意識する。
  • お風呂場での練習が指パッチンの近道。
  • 手は軽く握って鳴らす時にだけ力を入れて指を弾く。

指パッチンって誰もがやろうとしたことがあるものですが、出来ない人って結構多いですよね。

今までできなかった人はこの記事を参考に指パッチンをマスターして、かっこよく「パチンッ」と鳴らして欲しいです。

 

余談ですがサイゼリアで指パッチンをすると店員が来る恐れがあるので、やめておいたほうがいいですよ!(笑)

私の学生時代の実体験です。

 

では、今回はこの辺で!

最後まで、読んで頂きありがとうございます。