ドライアイスの溶ける時間を比較

調べたところ溶ける時間の検証は一キロ単位だったので、これより少ない場合はもっと早いと思っておいてください。

  • 常温で放置…約2〜3時間
  • 冷凍庫…約4時間
  • クーラーボックス…4時間
  • 新聞紙に包んで発泡スチロールで…15時間

 

以上がドライアイスを保存して、溶けるまでの時間の平均値となっています。でも、状況や環境で変わるのであくまで参考にする程度で!

でも、「保存する時は新聞紙などで包む!」は覚えておいて下さい。

 

では、最後に今回の内容をおさらいしていきましょう!

関連記事

まとめ

今回は、ドライアイスの保存方法を見てきました。

◆ドライアイスの保存方法

  • クーラーボックスや冷凍庫で保存は難しい。少し溶ける時間を伸ばすこだけ。
  • クーラーボックスや冷凍庫では約4時間程度。

◆保存前の工夫

  • 保存する前にドライアイス を布や新聞紙で包んでから、冷凍庫なりクーラーボックスなどに入れたほうがいい。
  • 発泡スチロールの入れ物がオススメ!

◆保存方法を比較

  1. 常温で放置…約2〜3時間
  2. 冷凍庫…約4時間
  3. クーラーボックス…4時間
  4. 新聞紙に包んで発泡スチロールで…15時間

ドライアイスは、保冷効果は高いけど保存が難しくて、再利用できない難点があります。

今回の内容をやったとしても最高で15時間程度です。

 

ただ、専用の入れ物だと量によっては数日経っても、あまり溶けていないみたいな事があるみたいです。

まあ、専用って家庭ではいらないでしょうけど。笑

 

では、今回はこの辺りで!

最後まで、読んで頂きありがとうございます。