ドライアイスの保存方法

ドライアイス の保存でまず思い浮かぶのは、冷凍庫やクーラーボックスではないでしょうか。

でも、この2つでもそれほど長い時間は保存できません。

そもそもドライアイスって家で、長い時間保てる温度の代物ではないですよね。だって、マイナス79度なので、家では溶けないようにはできません。

といっても、家でも溶ける時間を長くすることができます。

この辺りは順番に保存方法をお伝えしていくので、用途ごとに保存の仕方を決めていけばいいかと思いますよ。

とっ、その前に、一キロ単位のドライアイスは常温で「約2〜3時間」で無くなることが多いのでこれを基準に見て行ってくださいね〜。

 

まず、冷凍庫でドライアイスを保存する場合は、どのくらいもつのか?を見ていきましょう!

 

ドライアイスの保存は冷凍庫?

冷蔵庫のイラスト

家で一番低温な所は冷凍庫を思い浮かべる人が多いでしょう。なので、ここで保存しようと思ってしまいますよね。

でも、先ほど行っていた通り効果的ではありません。

ドライアイスがマイナス79度なのに対して、冷凍庫がマイナス18度程度でふ。

つまり、温度差が60度もあるものを保つのは難しいというわけで。

 

では、冷凍庫でどれくらいもつのか?ですが。

「約4時間〜5時間」

となっています。

たしかに、常温の時より保存時間が長くなってますけど、次の日に使いたい時には向いてませんね。

なので、少し後に使いたい時は冷凍庫に入れておくといいと思います。

次は、クーラーボックスです!

 

では、クーラーボックスでドライアイスが保存できるのか?について詳しく紹介しています。