他の二つの見分け方

鏡を叩いてみる

普通の鏡は壁の前に取り付けられているが多いですよね。なので、鏡を叩いた場合は鈍い音がするものなんです。

その逆にマジックミラーを叩いたら、鏡の反対側はオープンスペースになっているので音が響くというわけです。

空洞がある壁という場合もあるので周りの壁は鈍い音だけど、鏡の周りの音が響く場合は疑っても良さそうです。

 

これはスパイっぽいのでこの方法はちょっと面白いですね。

サングラスを付けてやるとなさそう!(笑)

光を照らしてみる

マジックミラーの仕組みは冒頭でお伝えした通り、光の明るさで反射するのか?透けて見えるのか?と変わるのもでしたよね。

なので、この仕組みを利用する見極め方です。

まず、部屋の明かりを消して懐中電灯などのライトを鏡に近づける。その鏡がマジックミラーだったら反対側の部屋が照らされるんです。

 

それとは逆にライトを照らさなくても大丈夫な確かめ方も存在します。

手を双眼鏡の様にして光を防ぎながら鏡に付ける。すると反対側のスペースが透けて見えるという物。

 

ここまでの方法がマジックミラーの見分け方になります。

どうでしたか?

次から鏡を見たら試したくなったんじゃないでしょうか。私も気になる鏡があると試してしまうかもしれません。(笑)

 

では、最後にここまでの内容をまとめてておいたので、忘れない様に一緒におさらいしていきましょう!