「かき氷のを食べたら何でキーンってなるの?」

とお悩みではありませんか?

 

かき氷を食べたときあなたは何杯で頭が痛くなりますか?

ちなみに、私の場合は5杯程度で痛くなります。

では、なぜかき氷などの冷たいものを食べたときキーンと頭痛に襲われるのでしょうか。熱いものの時は痛くならないのに!

 

というわけで今回は、かき氷を食べて頭痛になる原因頭痛にならない人の理由キーンとなった時の対処法などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

かき氷でキーンと頭痛になる原因

この冷たいものを食べたときキーンと頭痛が起こる現象のことを医学的な呼び方で「アイスクリーム頭痛」と言うんです。

これが正式な呼び方ってなんか面白いですね!

 

でも、そもそもかき氷などの冷たい物を食べた時、どうしてキーンと頭が痛くなるのでしょうか。

実は、これ脳の勘違いによって痛みとして感じているようです。

どういう勘違い?と思いますよね。

 

これは口の中が一気に冷やされることによって脳が、

「これは痛みだ!」

と勘違いすることによって起こるんです。

かき氷を食べた際に、冷たい!という刺激が強いと脳は「冷たい!」が「痛い!」と伝えてしまうということですね。

 

また、別の説として、急激に冷たくなった口の中を温めるために、血を多く流そうとして頭の血管が拡がって頭痛が起こるという説がある。

 

このように説が曖昧なのは、アイスクリーム頭痛は短時間で治るので、詳しい研究は進んでからのようです。

まぁ、それほど重症じゃないからって言うのもあるのかもしれませんね。でも、持病で片頭痛を持っている人は、他の人より頭痛の時間が長いようですけど…

スポンサーリンク

 

かき氷を食べて頭が痛くなる原因はもうお分かりですよね。でも、冷たいものを食べても頭痛にならない人っていませんか?

私の周りにもいるんですが、なぜ痛くならないんでしょうか。

次は、かき氷を食べても頭痛にならない人の秘密にせまっていきたいと思います!

 

かき氷のでキーンと頭痛にならない人は?

かき氷を食べても頭がキーンと、ならない人に出会ったことありませんか?自分は頭痛になっているのになんでだろう?

これは体質的なものなんだろと思っていました。でも、調べて見ると性格的問題でした!

  • せっかち
  • 節約家

の2つが大きく関わっています。

なんで、この性格が頭痛と関係あるの?って思いますよね。

では、この2つの性格がアイスクリーム頭痛が、どのように関わっているのか見ていくとしましょう!

まずは、1つ目のせっかちは頭が痛くなる原因からです。

先ほどアイスクリーム頭痛になる原因で、急激に口内が冷やされることによって起こる現象でした。

つまり、「急いで食べる人は、のんびり食べる人よりキーンと頭痛になりやすい」ということです。

なので、かき氷を食べても頭痛にならない人はのんびり食べているからというのが1つ目の理由。

 

次に、2つ目の原因の節約家を見ていきましょう。

なんで、節約家が関係あるの?言葉だけ見たら全然意味がわかりませんよね。

天然水のかき氷は頭痛にならない!」とこういう話聞いたことはないでしょうか?

確かに、私の経験上でも専門店で食べるときって頭痛にならないことが多い気がします。

実は、これにもちゃんとした理由があるんです!

天然水って高純度なので、氷が薄く削れるのであのふわふわなかき氷になるんです。つまり、薄く削ることによって一度に口にする量が少なくて済むということです。

なので、いつも節約して水道水で作ったかき氷を食べている節約家は、キーンと頭痛に悩まされることが多いということです。

 

こういう理由があって、冷たいものを食べても頭が痛くならないんですね。基本的に、ゆっくり食べている人が痛くならないだけの事なんでしょうけどね。

まぁ、私はせっかちなのでよく頭痛になってしまいますが…(笑)

 

かき氷などの冷たいものを食べて、頭が痛くなった時の対処法って気になりませんか?

知っていたら痛みもすぐに無くすことが出来ますからね!

というわけで次は、アイスクリーム頭痛の対処法を一緒に見ていきましょう!

 

かき氷で頭痛になった時の対処法

さて、美味しいけどアイスクリーム頭痛が悩みどころのかき氷。より楽しむためにも対処法は知っておいたほうがいいですよね!

このアイスクリーム頭痛の対処法は3つあります。

基本的に間近にあるもので出来るので、是非試してもらいたいところです。

では、さっそく紹介していきますね♪

◆3つの対処法

  • おでこやこめかみを冷やす

まず、1つ目は頭痛が起こったら痛い場所を冷やします。そうすることによって脳の勘違いに気づいてくれるんです。

脳が「痛い!」と伝えようとしていたのが無くなるので早く頭痛がなくなりますよ!

かき氷を食べていたらその容器をおでこなどにつけるか、冷たい飲み物が近くにあればそれでも大丈夫です。

 

なので、冷たいものを食べてる時は、その食べているものをおでこにつけるだけなのでとっても簡単ですね。

 

  • 口の中を温める

かき氷を食べるときに、温かい飲み物を一緒に口に含むことで、口が急激に冷やされることを防げるので脳の勘違いも防げるってわけです。

 

「冷たいもの食べてるときに、温かいものは嫌!」

ってなると思います。

 

でも、実際は痛みがないほうが味わえると思いますよ!それにかき氷専門店だと、温かいお茶を出すところも多いですからね。

 

  • 口の中で舌を動かす

これは手元に温かい飲み物がないときに使える対処法です。自分の舌を上あごにふっつけるだけで口内があったまってきます。

まぁ、さすがに温かい飲み物ほど即効性はありませんが、やらないよりはマシです。

 

以上のやり方が、かき氷を食べても頭がキーンとなった時の対処法になります。

 

めちゃくちゃ簡単ですよね!

でも、効果はしっかりあるので安心してください。

もし、冷たいものを食べて頭がキーンとなった時は、めっちゃくちゃ簡単なので、ぜひとも試してほしいです。

スポンサーリンク

 

先ほどは、頭痛になった時の対処法を紹介しました。

でも、前もってアイスクリーム頭痛にならないための対策をとっておきたくないですか?

実は、頭痛にならない方法があるんです!

というわけで次は、かき氷を食べても頭痛にならない方法を一緒に見ていきましょう!

 

かき氷で頭痛にならない方法

ここまでアイスクリーム頭痛について見てきたので、頭痛にならない方法も予想ができているんじゃないでしょうか。

少しここまでの復習になりますが、アイスクリーム頭痛の対策を一緒に見ていきましょう!

まず、痛くならないためにはゆっくり食べることが大切でしたよね。これは痛くならない人のことろで紹介したしまよね。

次は、温かい飲み物と交互に食べる。

こうする事によって口が冷やされることを防ぐことができるので、脳が「痛い!」と勘違いすることもないというわけ。

なので、これは対策としては一番かもしれませんね。

 

また、逆にかき氷を食べる前に冷たいものを口に含むというのもあります。単純に、冷たさに慣れさせるということなんでしょう。

 

最後の対策は食べる場所についてです。

実は、アイスクリーム頭痛になりやすい場所ってあるんですよ。

 

その場所は、

  • 真夏で気温が高い場所。
  • 湿度が高い場所。

この2つの場所でかき氷などの冷たいものを食べると、頭がキーンとなる可能性が極めて高いと言われています。

 

以上がかき氷を食べた時に頭痛が起きないようにする方法になります。

紹介した対策も簡単なので、ぜひとも試して欲しいところです。

 

まとめ

ここまでかき氷を食べた時の頭痛に関して見てきました。最後に今回のポイントをおさらいしていきましょう!

原因

  • 頭痛になる原因は、脳は冷たいを痛いと勘違いして伝えるから。
  • もう1つの原因は、口内が急激に冷やされたのを温めるために頭の血管が拡がっていたいを感じる。

頭痛にならない人の理由

  • ゆっくり食べるので急激に口内が冷やされることが少ない。
  • 天然水の氷は薄く削れるから、一度に口に入れる量が少なく頭痛になることが少ない。

頭痛になった時の対処法

  • おでこやこめかみを冷やして脳の勘違いに解く。
  • 温かい飲み物を飲んで口を冷やさないようにする。
  • 舌を上あごにつけて口を温める。

頭痛にならないための方法

  • ゆっくり食べる。
  • 湿度や気温が高いところで食べないようにする。
  • 温かい飲み物と交互にかき氷を食べることで頭痛にならない。

いかがだったでしょうか。

かき氷を食べて頭がキーンとなるのは、子供の頃から誰でも味わったことのある痛みですよね。

でも、今回の記事を参考にしていただけると、かき氷を食べても頭痛になることを少なくしてくれます。

それに痛くなって対処法ですぐに直すことも可能だと思いますよ!

 

ぜひ、かき氷を食べるときはこの記事の内容を試してくださいね♪

 

では、今回はこの辺で!

最後まで、読んで頂きありがとうございます。