二人三脚で速く走るコツ!周りと差をつける必勝法はこれだ!!


「二人三脚で速く走るコツは?」

とお考えではないでしょうか?



運動会の定番競技の1つ二人三脚。パートナー足を紐で結び息を合わせて走らないといけなくて難しいですよね。

私も運動がそれほど得意ではないので、中学の時に1人でビリより誰かとビリの方が恥ずかしくないという理由で参加したことがある競技です。



でも、運動神経はそれほど関係がないと思いんですよ。

なぜなら、走りが早くない私でも1着になれたら経験があるからなんです。

というのも二人三脚って、運動神経が良くても相方との息があってないとうまく走れないというのがあるからです。

なので、走りが速くなくてもコツさえつかめば1着になる可能性は十分あるというわけなんですよ。



というわけで今回は、二人三脚で速く走るコツ紐の結び方から走り方までわかりやすくお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

二人三脚のコツ!

足の紐の結び方


二人三脚といえば、2人の足を紐で結んで三脚にしますよね。

足を結ぶ時は手ぬぐいや紐で結ぶことが多いです。この時、痛くならない程度にきつく結ぶのがコツになります。

二人三脚は結んだ足を一本の足として走るのがポイントなんですが、紐を緩く結んでしまうと転びやすいし、紐が取れる可能性があります。

結ぶ型としては8の字にするのが、解けなくて痛くもなく結ぶことができるのでオススメ!

人にあった結ぶ強さなどもあるので、練習の時に相方の人と相談して調整するようにしましょう。


二人三脚の歩幅の合わせ方


二人三脚で大切なのは、運動神経よりパートナーとの歩幅をうまく合わせるが一番大切だと言えます。

でも、二人三脚は身長や体格の違い、男女混合、親子など歩幅を合わせるのが結構難しいんですよね。

また、身長が同じくらいであっても歩幅やスピードが違うので、相手と合わせるために練習で調整することが大切。

では、歩幅やスピードを合わせるポイントをお伝えしますね。

◆歩幅の合わせ方
  • A歩幅が小さい、足が遅い
  • B歩幅が大きい、足が速い
このどちらに合わせればいいのか?ということですが、これはAの人に合わせた方が早くゴールドできると思います。

Bの方が早くゴールできる思いますが、結果的にはAの方が1着になる可能性は高い。

Bに合わせるとこける危険性が高いというのが一番の理由です。

また、遅い人や歩幅が小さいBに合わせる方がコケないし、スピードが落ちないでゴールまで行けるので結果的にいい順位を狙える。



この歩幅を「小さい人、足が遅い人」に合わせるというのは、私が学生時代にペアの人とそうした結果、一位になれた経験があるので間違いないでしょう。

まぁ、スピードを上げられるならそれに越したことはないですよ!

大切なのでもう一度いいますが、一番重要なのは相手と歩幅やスピードなど息を合わせるのが大切。

スポンサーリンク

掛け声と足を決める

先ほど息を合わせて走ることが大切ということでしたが、息を合わせるにはやっぱり掛け声が一番。

掛け声の定番は「1.2、1.2」ですよね。

1の時にどちらの足なのか?2の時は?と「この数字の時はこっちの足」と決めておくと、間違って足を出すことはなくなります。



ちなみに、私が二人三脚をやった時は「内、外、内、外」と掛け声にしたことでスムーズに走ることができたので、自分たちにあった掛け声がオススメです。

自分たちのテンションが上がる掛け声だと、楽しめるのでいいかもしれませんよ!


ここまでで二人三脚の基本的なポイントは大丈夫でしょう。

次からは、より具体的な走り方を一緒に見ていくとしましょう!


二人三脚で速く走る方法

二人三脚で走る時に大切なのは、
  • スタート
  • 手の位置
  • 走る時の足の向き
  • 姿勢と目線
と具体的な4つのテクニックの部分を見ていきたいと思います。

まずは、スタートの時のポイントをお伝えしますね。


スタートの時


二人三脚では、スタートダッシュが他の競技と比べて大切です。

50m走だと足が早ければ、後から追いつけるかもしれませんが、二人三脚ってほとんどスピードに差はないんですよね。

つまり、スタートダッシュを制するものは二人三脚を制すといっても過言ではないんですよ。

なので、スピードダッシュをうまく決められるのか?
これが順位に大きく関わってきます。

普通に息が合うようになってきたら、スタートダッシュの練習を重点的にするのも勝つためにはいい方法。

また、最初に出す足は決めるのはあまり前ですよ!



ちなみに、二人三脚リレーの場合は当然速い人を前に出す方が、差を開けるにはもってこいの戦略なので、リレーの際は出し惜しみしないように!

スポンサーリンク

二人三脚の手の位置はどこ?

二人三脚の時に迷うのは手の位置じゃないでしょうか。

手は基本的に「肩or腰」が定番です。

私のは腰に手を回すのが体を密着できるのでオススメです。体が離れると軸がぶれるので腰の方が安定します。

まぁ、自分にあった方を選ぶのが無難ですけどね。(笑)

密着するのが恥ずかしいと思わず、これも思い出作りの一環だと思えば頑張れますよ!

意外と時が経てば「あの時楽しかったな」と話せる日が来ますからね。



あと、腕はしっかり振ってくださいね。これ振るか振らないかで結構スピード変わって来ますから。


走る時の足は外向き!


二人三脚をした時って、結んだ方の足を相手に引っ張られるような感覚がありますよね。

これはめちゃくちゃ走りにくいですよね。

なので、結んだ方の足は気持ち外向きにして走ることを意識した方が、相手も走りやすいのでこれは意識しておいて欲しいところです。



これは先ほどの手の部分でお伝えした通り、密着した方が走りやすいということでもあるので、ぐっと密着しましょう!

よく二人三脚をする時は「結んだ足を足を一本だと思う」と言われているので、これを頭に入れるとイメージしやすいと思いますよ。

走ってる時の姿勢と目線

走っている時は少し体を前に倒して走っと方が、スピードが出るそうです。これは私は試してないんですが、走る競技は倒した方が早なるそうです。

倒しすぎるとコケるので注意。



また、走ってる時の目線は前を向いてください。

足を見た方がタイミングを合わせられると思いますが、意外とリズムが狂ったりしますからね。あと、前を見ていないので自然とスピードが出ません。

速く走るためにも掛け声を信じて前を向いて走りましょう。



ここまでで二人三脚で速く走るコツをお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

意外と簡単だったのでいい順位になれそうと思いましたよね。

最後に、今回のポイントをまとめたので二人三脚に活かすために、しっかりおさらいしていきましょう!


まとめ

二人三脚で速く走るコツは、
  • 紐は痛くならないくらいでキツく結ぶ。
  • 歩幅が小さい方、足が遅い方に合わせて走る方が結果的には良い。
  • 掛け声と足を決めておくといい。
  • 二人三脚はスタートダッシュで決まる。
  • 結んだ足は外向きにして走って密着させる。
  • 手は腰に手を回した方が軸がブレない。
  • 走る時は少し倒して、目線は前を向く。
以上が二人三脚の必勝法です。

今回お伝えした内容をしっかり守れば、良い順位になることは間違いないと思いますよ!

競争相手があまり速くないと一位になることも十分に可能なので、しっかり練習して息を合わせるようにしてください!



では、今回はこの辺で!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする

コメント

  1. ルルハ より:

    参考になりました!ただ誤字多すぎ。笑っちゃったw

    • 管理人 より:

      本当ですね!
      誤字が結構ありました。すみません

      もう一度見直してから編集したいと思います。

      コメントありがとうございます!