では、もう1つ深刻なの意味の使い方を見ていきましょう!

 

深刻な

息子
親父!病院の検査どうだったんだ?

父親
あぁ、これが検査結果の紙だ。

息子
そうか、思っていたより病状がシリアスだな。

父親
まあな、でもちょっと悪いだけだけから安心したよ。

んー、ちょっとこの会話例は無理矢理な気がしますね。(笑)

でも、英語のseriousは組み合わせで重病などといった意味にもなるので、深刻なという意味から遠くないんですよ!

 

例えば、深刻な悩みを聞いた後に

「シリアスな話だった。」

という感じをイメージするのが、私的にはわかりやすいと思います。

 

ここまでシリアスの意味をよりイメージしやすいように、会話形式の例文で紹介してきました。

これが少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

まとめ

ここまでシリアスの意味や使い方について書いてきました。最後に、今回のポイントをまとめたのでおさらいしておきましょう!

  • 意味は深刻な、真面目な
  • 深刻や真面目といった意味の時に幅広く使われる。
  • 基本的に暗いイメージの言葉。

 

ここまでシリアスについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。

この言葉はよく耳にする言葉ですけど、正しく意味を説明出来ると人って少ないですよね。でも、この記事で少しでも意味がわかっていただけたら幸いです。

世の中には何となくわかるけど、ちゃんと意味が知らない言葉って結構あるので、そういうの調べて見ると面白いものですね。

また、わからない言葉があれば記事にしていきたいと思うので、是非読んでくださいね♪

 

では、今回はこの辺で!

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

【関連記事】

コミカルの意味とは?正しい言葉の使い方をマスターしよう!!