シリアスの意味とは

シリアスって言葉を聞いたら、なんだか暗いイメージというのがついてきますよね。例えば、シリアスな展開と聞けば暗い感じがしますからね。

さて、シリアスの意味は、

  • 真面目な様子
  • 本格的な様
  • 深刻な様子
  • 冗談ではない

以上がシリアスの意味になりますが、いかがだったでしょうか。こうやって意味を見てみると何となく、暗いイメージと言うのも納得できますね。

 

上記であげた意味以外にも、細かく分ければ色々あるんですが、基本的に「深刻な、真面目な」と入れ替えられるような言葉と覚えておけばOK!

例えば、ドラマの内容でシリアスな展開というのは、内容が真面目な話や深刻な内容の話を指すことが多いですね。

  • イジメを題材にした物
  • 刑事物など

つまり、少し真面目な話の展開をシリアスということが多いです。

また、暗い展開の全般をシリアスとも言いますね。ちなみに、シリアスは英語のseriousの事です。

 

ここまでで、シリアスの意味は大体イメージできたんじゃないでしょうか。

でも、もう少しちゃんと知るためにも例文を見てみると、シリアスの意味がよりイメージできると思いますよ!

 

というわけで次は、シリアスの使い方を例文で見ていきましょう!

 

シリアスの使い方

シリアスという言葉は「深刻な、真面目な」という意味で使われることが多いんでしたよね。

なので、ここではこの2つの使い方を会話形式の例文で紹介していきますので、意味を頭に入れて見ていきましょう!

まず最初は、真面目なの意味の例文からです。

あっ!それとここでの会話例はあくまでフィクションですよ!(笑)

 

真面目な

設定はドラマの撮影現場です。

俳優
うわー、またさっきのシーンNG連発してしまったよ!

マネージャー
ああいうシーン苦手ですもんね〜

俳優
あぁ、シリアスなシーンはどうにも得意になれないんだよね。

マネージャー
確かに、今回はイジメを題材にしているから余計に難しいですね。

この会話を見るとドラマの真面目なシーン=シリアスなシーンという意味で使われていることがわかりますよね。

ドラマの話をしていて、シリアスという言葉が出て来ると基本的に、暗い展開で内容が真面目な物のことを指すことが多い気がします。

例えば、

「昨日のドラマ、急にシリアスな展開になったね!」

みたいな感じですね。