まとめ

ここまでよきかなの意味や由来などについて見てきました。

最後に、今回のことをまとめておきますのでおさらいしていきましょう!

  • よきかなの意味は「よくやった、すばらしい」などの褒める言葉。
  • 由来は一休さんがぜんざいを作った弟子を褒める時に使ったから。
  • ぜんざいの漢字が善哉になった由来は一休さん。

ジブリ作品の中でも超人気作「千と千尋の神隠し」で使われる、セリフの意味について深く知ることができました!

次に見るときは、また違った楽しみができるので、はやくテレビで放送しないか楽しみですよね。

また、違う作品のセリフでも気になった言葉があれば、じゃんじゃん記事にしていきたいと思います。

 

では、今回はこの辺で!

最後まで、読んでいただきありがとうございます!

【合わせて読みたい言葉の意味】

「閑古鳥が鳴く」の意味と由来!その鳴き声はこんな感じ!!

ヤッホーの意味や語源とは?外国ではこんな叫び方だった!!

こすいの意味とは?どこの方言?明日から出来る簡単な使い方!!