「よきかなってどういう意味?」

と思っていませんか?

 

この「よきかな」は、ジブリ作品の【千と千尋の神隠し】で、主人公の千尋が働いているお店に、すごく汚れた川の神様(腐れ神と間違えられた)が店にくるシーンで出てくるセリフです。

 

そこで千尋のおかげで綺麗になった、川の神様が機嫌良く店から帰っていくところで、

「よきかな〜」

と言って笑顔で帰っていくシーン。

さて、この「よきかな」っていうのは一体どういう意味なんでしょうか?

よりこのジブリ作品を楽しむためにも、この言葉の意味を知っておくのもいいと思いますよね!

 

というわけで今回は、よきかなの意味と使い方よきかなの由来などについて紹介していきたいと思います。