ネタの意味とは

ネタというのは、職業や商売など何かしらのメインとなる物のことを指す言葉です。

例えば、

  • 芸人さんだとギャグやコント
  • 寿司屋さんだとシャリの上のネタ(魚)

と言ったように商品の核(メイン)となる物を指す言葉のです。

他にも、話のネタと言うようにその話題の糧になるものに対しても使われますね。

例 ー 新聞記事のネタ(情報、元、糧)

つまり、〇〇の元となったと使い方もありますね。

 

でも、最近の使い方としては、冗談話や冷やしかし、シャレや遊びと言ったものに対してもネタと使っていることが多いですね。

例えば、気を引くために面白おかしく話すことなどですね。

「それネタじゃん!」

みたいな感じですね!

という風に時代とともに使われ方が、変わっているのかもしれませんね。


ネタの意味はこんな感じでしょうか。

この言葉は色んな使われ方がありますよね。使い方を見てみるとより意味を理解できると思います!

なので次は、ネタの使われ方の種類について一緒に見ていきましょう!

ネタの使い方の種類

基本的に寿司のネタのように「〜(の)ネタ」って使います。

これは〇〇の題材がないとネタと言う意味が通じないからですね。例えば「ネタ」と単体を言われても「なんのネタ?」ってなりますよね。

さて、さっそくどんな使い方があるのか見ていきましょう!

◆ネタの使い方

  • 新聞や雑誌の記事の材料
    「熱愛のネタ、小説のネタ」
  • 警察などでの証拠
    「ネタは上がってんだー!」
  • マジックなどの仕掛け
    「空中浮遊のネタがバレた。」
  • 漫才やコント、トークなど事前に決めている話題など
    「鳥人のネタがウケた!」
  • 料理などの材料
    「寿司のネタ」
  • ゲームや小説の重要なところ。
    「〜のネタバレ」
  • 誰かを笑わすための真実を盛って話した作り話。悪意ある嘘でなく軽くからかうような嘘のこと。
    「今の話ネタだけどね!(笑)」「ガセネタかよ!」など

他にも、アニメなどでパロディで元になった作品のことを元ネタなどとも言いますよね。

ネタの主な使い方は以上ですかね。

そういえば、こんな使い方もあったな!と言うものがあれば、ぜひコメントしてくださいね〜♪

ネタの使い方は大体こんな感じでしょうか。

どうでしたか?どのように使われているか見ると、意味をよりイメージ出来ましたよね!


ところでネタの語源ってご存知ですか?この語源って結構単純なんですよ!

「そんなことかよ!」

ってなること間違いなしです!

 

せっかくなので次は、ネタの語源について見ていきましょう!