炭酸飲料を飲むと喉に悪いという話、聞いたことはありませんか?実際喉に悪い影響があるのか気になりますよね。

次は、安心して炭酸飲料を楽しむためにも、喉に悪い影響があるのか?チェックしておきましょう!

 

炭酸は喉に悪いの?

炭酸飲料には多く甘味料が入っていますよね。これが原因で水分が奪われて、喉はかわいてしまうんです。

これはあなたも経験ありませんか?

でも。普通の炭酸水なら大丈夫ですよ。でも、砂糖が入っていると唾液がネバネバになり、喉が渇いていると感じるんです。

喉は潤っている方が健康的と言われています。なので、炭酸はある意味喉に悪いのかもしれません、

 

もう1つ、炭酸を飲む時に注意したいのは風邪の時です。

◆風邪の時の炭酸飲料

炭酸は喉に刺激が強いと先ほどを伝えしましたよね。ということは、喉が痛い時に飲んではダメですよね?

それに喉の潤いも奪われてしまうのも良くないです。

つまり、炭酸飲料を飲む時は喉が元気な時にした方がいいということ。

 

他にも、柑橘系のジュースも喉に刺激が強いので風邪の時は控えた方がいいですよ!

ちなみに、冷たいものも期間が縮まるようなので、咳が出る原因にもなります。

 

では、炭酸飲料を楽しむためにも、最後に今回のことをおさらいしておきましょう!

 

まとめ

今回お伝えしたのは、

  • 胃の調子が良くない時に炭酸を飲むと腹痛になりやすい。
  • 胃が痛いのは炭酸が胃の働きを活発にして、胃酸が胃粘膜を傷つけるから。
  • 人工甘味料も下痢の原因になる。
  • 炭酸で喉が痛いのは、炭酸ガスが刺激に弱い喉には強い刺激だから。
  • 健康な時に炭酸を飲むようにした方がいい。

以上が今回のおさらいです。

いかがだったでしょうか。

炭酸飲料を楽しむためには健康な時に飲むようにすること大量に飲まないことが大切でしたよね。

今回のことを踏まえて、これからも炭酸飲料をたのしみましょう!

 

では、今回はこの辺りで!

最後まで、読んでいただきありがとうございます。