炭酸を飲むと痛くなるのは胃だけでなく、喉が痛いと感じる人も多いですよね。

次は、炭酸を飲むと喉が痛い理由について見ていきましょう!

 

炭酸を飲むと喉が痛い理由

炭酸が好きな理由は喉にシュワシュワーとくるあの感じですよね。このシュワシュワが喉の痛みに関係しています。

炭酸飲料に含まれる炭酸は水の温度と関係が深いんです。冷たいほど炭酸は溶け混みやすいんです。

逆に温度が上がれば炭酸は気化していきますよね?

冷蔵庫から出した時、炭酸の泡が周りに付いてたりするのもそのせい。これはもちろん、炭酸を飲んだ時の口の中で同じことが起こります。

つまり、これが炭酸のシュワシュワの状態です。

 

口や喉の中は刺激に弱いので、炭酸ガスが刺激となって神経に伝わり痛みを感じてしまうということです。

特に喉はガスの逃げ道が上下しかないので、炭酸の刺激が強く感じるのかもしれません。

つまり、口や喉は刺激に弱いところに炭酸が刺激になるということです。

以上が炭酸飲料を飲んで痛いわ感じる理由です、

 

でも、たまに痛みを感じてないような人がいますよね。

あれはただ「このくらいの痛みなら我慢できる程度だな〜」という感じだと思いますよ!

  • 1の痛みを痛い人
  • 1の痛みは痛くない人

この違いだと思います。要は感じ方は人それぞれ、だけど喉に刺激があるのには違いありません。

つまり、痛みに慣れてもダメージはあるということです。