さて、最近は春に運動会が開催されることが増えているということしたね。でも、なぜ春に行われることが増えているのでしょうか?

せっかくなので次は、運動会の時期が春に開催が増えている理由を見ていきましょう!

 

運動会の時期は春が増えてる6つの理由

最近の小中学校で春に運動会を開催が増えてきたのは、以下に挙げる理由だと言われています。

◆春に開催が増えてる理由

1.9月は残暑が厳しく、熱中症になりやすい。

確かに、最近では9月でも普通に30度超える日があったりしますよね。子供が熱中症にならないためにも、春に変えたということでしょうか。

でも、6月でもそこそこ暑い気がしますけどね(笑)

 
2.秋は台風などが発生しやすく、日程調整が難しい。

秋の方が台風が多いんですね。

でも、そう言われていれば、高校の修学旅行も10月だったんですが、台風で延期になったということがありました!

台風が多いなら仕方がないですね。

 
3.年度の初めの方に、クラスの仲を深めるため。

これはいいかもしれませんね!

クラス替えの初めって、中々打ち解けられず気まずかったりするので、たしかに団体で挑むものがあれば結束力は上がりますよね。

 
4.秋は遠足や文化祭など学校の行事が多いので分散させるため。

学校行事といえば保護者も観に行きたいものですよね。なので、行事が近いと休みを取れなかったりするからいいかもしれません。

教師方もこの方が少しは楽になるのかもしれないですね。

 

5.2学期制の学校の場合は、成績表や期末試験と重なるから。

運動会が終わってからのテストって嫌でしたよね。勉強全然出来ていないよ!と学生時代は思ったものです。

成績表も作らないといけないし、運動会などの行事の準備もあると、先生も大変ということなんでしょう。

 

6.受験をする子供の勉強に専念させるため。

受験は人生の中でも結構重要な事なので、受かるように勉強に専念したいという事なんでしょう。

運動会が楽しくても落ちてしまっては…

こうやって見ると春の運動会開催が増えている理由がよく分かりますね。

もっと時間が経てば、春に開催が普通になっているのかもしれませんね!これがジェネレーションギャップの始まりかな。(笑)

 

まとめ

ここまで運動会の時期について見てきました。最後に、今回のポイントをおさらいしますね。

  • 秋が53.5%、春が43.7%中でも9月が一番多い。
  • 地域によって偏りがある。
  • 春に開催が増えているのは、受験や行事になどの影響。

運動会の時期が秋から春に変更になっているなんて調べて見るまで知りませんでした。

その変更になっている理由と言われているのも、納得がいくものが多かったですよね。

いつの日か春に開催が上回る日が来ると思うと、秋に開催していた世代なんだか寂しく感じますね。

 

では、今回はこの辺で!