ヤッホーの意味や語源とは

ヤッホーの意味は、登山者の合図の掛け声、嬉しい時の歓声となっています。

この登山者同士の合図だったことが、やまびこを聞くために使われるようになった、と考えられています。

さて、このヤッホーの語源ですがこれにはいくつかの説があるんです。

  • ドイツ語説。
  • オーイとの区別説。
  • おぉ!神よ!!説
  • ヨーデル説
  • エコー説

上記がヤッホーの語源の説と言われているものです。どれが正しいというのは、まだ分かってはいないようです。

では、どういった説なのか1つ1つ詳しく見ていくとしましょう。

 

ドイツ語説

日本の登山はドイツの影響を受けていると言われています。

そのドイツで使われている掛け声である「johoo」という言葉が、ヤッホーの語源だと言われています。

読みは「ヨッホー、ヨッポー」

つまり、ヨッホーやヨッポーが訛ってヤッホーとなったという事ですね。

 

オーイとの区別説

山の中で誰かを呼ぶときに、オーイ!と叫んでしまうと救助を求めて叫んでいると間違われるため、ヤッホーという言葉ができたという説です。

確かに、山でオーイ!と叫んでいると助けて欲しいのかな?と思ってしまうような気がしますね。

 

ヨーデル説

ヤッホーというのは、遠くの人に話しかける時の音の表現方法が語源という説です。

独特でおなじみのヨーデルで、離れた人たちに連絡するために発達したこの方法を登山者たちが使うようになって、日本に入ってきたとういことです。

その登山者たちが使っていたものをやまびこの時に、使うようになったと考えらているようです。