リモコンの反応が悪い環境とは?

リモコンの反応が悪い環境というのは、リモコンの発光部からの赤外線がテレビの受光部に届いていない状態。

 

まず、見て欲しいところは…

  • 発光部と受光部がしっかり向き合っているかです。

受光部というのは、テレビをつけている時には緑に光ってる所です。

電源を消していたら赤に光ってます。

この部分に、リモコンからの赤外線が届くように間の障害物を取り除きましょう。

テレビの前に人がいると、チャンネルの切り替えができない時ってありますよね?それと同じで、人じゃなくても簡単に届かなくなるんです。

テレビ周辺に置いてあって、赤外線を遮断しそうなものは移動させておきましょう。

 

それともう1つ重要なところが!

  • 日光のように強い光で、リモコンの赤外線でテレビが反応しない。

光が強いから赤外線が届きにくいようです。

ということなので、カーテンなどでテレビに日光が当たらないようにして、光を遮断してください。

日光でリモコンの反応が悪くなるって、知らなかったんじゃないでしょうか?

これはホント盲点でしたよ!

 

ここまですれば、リモコンが反応しやすい環境に整ったはずです。これで、上手く反応がするようになった方もいるようです。

しかし、これでも反応が悪いままの人の方が多いようです。

私も反応が悪いままでした…

次は、家で簡単にできるリモコンの直し方を見ていきましょう!

リモコンの反応が悪い時の直し方

先ほどまでのことをやっても、リモコンの反応が悪いままなら、リモコンをリセットしてみます。

やり方はとっても簡単!

  1. リモコンの電池を抜く
  2. 電池を抜いた状態で電源ボタンを3秒以上押す
  3. リモコンに電池を入れる

たったこれだけで、リモコンのリセットが完了です。

どうです?簡単だったでしょ?

 

まだ反応がないんだけど!

という場合も多いと思います。その場合は、赤外線を受け取るテレビ側にあるかもしれません。

この時は、テレビを再起動させることになります。メーカーや種類によって再起動方法は違いますが、大きくわけで2つになります。

1つはリモコン感が必要なので、この場合は使えないので省きますね。

もう1つの再起動は『テレビの電源のコードを抜いて2分以上経ってから電源を入れる』というものです。

たったのこれだけでオーケー。

これもめちゃくちゃ簡単ですよね!

ちなみに、私の場合はこのテレビの再起動でリモコンの反応が元に戻りました!

 

ここまで紹介した直し方が、誰でも安全にできる方法です。

リモコンを分解するなどもありますが、機械が得意でないとできないでと思います。

挑戦しても直らなかったら、時間がもったいないですからね。紹介した直し方で治らないなら、買い換えるのが一番早いですね。

最近では、アプリでチャンネルを変えられるようなので、自分の家のテレビに合う、アプリを探すのもいいですね。

 

まとめ

リモコンの反応が悪い時の直し方でについてみてきました。

最後に、今回のポイントを簡単にまとめておきますので、一緒におさらいしていきましょう。

  1. リモコンの光が出ているか確認する。
  2. 赤外線が届きやすい環境を作る。
  3. リモコンをリセットする。
  4. テレビをリセットする。

上記の順にチェックしていくんでしたよね!

これでも直らない時は、アプリを試して見るのも無料なのでいいと思いますよ!

最終的には、リモコンをかいかえるのことになるかもしれませんが、種類がたくさんあるので安いものも見つかるかもしれません。

 

では、今回はこの辺で!