せっかくなので、次はディティールの間違った使い方を見ていってください!

 

間違った使い方

ディティールというのは全体の中の細かな部分を意味する言葉でしたよね。

なので、以下のようなものは間違いです。

  • 服の主なデザインにこだわっている=ディティールにこだわっている。
  • 絵のメインの女性にこだわっている=ディティールにこだわっている。

などでしょうか。

服であればボタンや襟、縫い目など。

絵であれば、人の髪や家の細かな部分などを指す時にディティールと言うのが、正しい使い方ですよね。

 

まとめ

ここまで、ディティールの意味や使い方について見てきました。最後に、今回のポイントをおさらいしましょう。

  • 意味は全体の小さな、細かな部分。
  • こだわりを指す言葉ではない。
  • 服なら襟やボタン。絵なら髪の毛の一本一本。

さて、ここまでディティールついて書いてきました。

いかがだっでしょうか。

意味や使い方について、大体はわかっていただけたのであれば、私としても嬉しいです。

ぜひ明日から、ディティールという言葉をジャンジャン使って言ってください!

 

では、今回はここまでです♪

【合わせて読みたい言葉記事】

ルーズの意味とは?誤用しないための正しい使い方はコレッ!!