紫陽花と書いてアジサイと読むのは知ってますよね。

でも、この漢字からすると読み方を知らないと普通は読めませんよね?どうしてこの紫陽花という漢字3文字でアジサイと読むようになったのでしょうか。

紫陽花を分解すると紫(むらさき)陽(ひなた)花(はな)となります。

んー、どう見てもあじさいと読めないですね。

それに、私は紫というより青いというイメージの方が強い気がします。まぁ、この青いというのが、紫陽花の読み方の由来でポイントになっているんですね。

 

というわけで、今回は紫陽花の読み方の由来やあじさいが「紫陽花」という感じになった理由などについて掘り下げて書いて行きたいと思います。

では、まず紫陽花の読み方の由来について一緒に見ていきましょう。