柏餅の葉っぱって食べる?

柏餅の葉っぱが食べるのか?ということですが、結論を言うと基本的に食べないというのが一般的ようです。

私も何度かこの葉っぱを食べようとしたことがあるんですが、いつもすぐに口から出してしまいます。だって、柏餅の葉っぱって筋があってそれになんといってもかたい

これは、食べるのに挑戦した方は共感できますよね!

 

でも、実際食べると害はあるのかということですが、これは食べても害はないみたいなので、好きな方は食べてもいいかもしれないですよ。

私は、もう二度とチャレンジしないつもりです(^^)

 

実は、柏餅の葉って柏の葉っぱだけではないってご存知ですか?

「いやいや、柏の葉っぱに決まってる!」

と言う方は多いと思います。

でも、これは地域によって違いがあり柏の葉のほかにも多くあるんです。では、どの地域ではどういった葉っぱが使われているのか、一緒に見ていきましょう。

 

柏餅の葉っぱの種類は?

先ほど、地域によって違う葉っぱを使っているとお伝えしましたよね。

柏餅の葉っぱは、柏の葉以外に

  • サルトリイバラ
  • ホオノキ
  • ナラガシワ
  • コナラ など

柏の葉は、江戸近辺でしか使われていなかったようで、他の地域では、先ほどのサルトリイバラなどが使われていました。

私が住む西日本では、サルトリイバラが多かったみたいです。柏餅に使う葉っぱが違う地域では「いばらもち」など違った呼び方をすることもあるんです。

 

柏餅の葉っぱって色が違うことないですか?これについては次で紹介していますので、一緒に見ていきましょう。

 

葉っぱが緑色と茶色あるのはなぜ?

柏餅によって葉っぱの色が違うのは、葉っぱの加工方法によるものです。加工された柏の葉は以下のような種類があります。

  1. 生柏葉
  2. 乾燥柏葉
  3. 殺菌煮柏
  4. 特選柏青葉

と言われてもよくわかりませんよね?なので、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

1.生柏葉(緑)

名前の通り生の葉っぱです。旧暦の節句では、この生葉を使うことができたんです。しかし、新暦になると、節句までには育たないので加工されることが多い。

天然もののためやはり一番香りがいい。

 

2.乾燥柏葉(茶色)

先ほどの生葉が節句には育たないということで、育ったものを次の節句に使うために乾燥されたもの。水で戻すときはアク抜きをしないといけない。

これが天然ものに一番近い香りを持っているが、使っているところは少ないので希少価値が高いようですよ。