尿からコーヒーの臭いがする理由!

コーヒーを飲むと尿からコーヒーの臭いがする理由は、コーヒーの香料が体に吸収されずに体外に排出されるためコーヒーの匂いがしてしまうようです。

しかし、コーヒーの種類によっては香料が少ないものもあるので匂いがしない時もあります。あなたもコーヒーを飲んだ時に臭いがしないってこともありますよね?

中でも、ブラックの缶コーヒーを飲んだ時に尿から臭いが出ることが多いんです。

ブラックの缶コーヒーは100グラムの中に豆を5グラム以上使うという規定がある。

それに比べインスタントコーヒーはスプーン何杯と決まっていることもあって、缶コーヒーとインスタントコーヒーでは豆の量が缶コーヒーのほうが約1.3倍近く多いんです。

そのため砂糖やミルクが入っているものはブラックより香料が少なくなり臭いが出にくいんですよ。でも、量によって臭いが出てきてしまうこともありますよ。

尿がコーヒーの臭いがするのは、香料を体に吸収できないものが排出されて臭うんですね。ちょっと安心しました。

 

でも、腎臓が悪い可能性もあるのでは?と思ったので腎臓が悪くてコーヒーの臭いが出てしまう可能性もあるのかについて見ていきたいと思います。

尿がコーヒーの臭いがしたら腎臓が悪い?

尿からコーヒーの臭いがするのは、コーヒーに含まれる香料が体に吸収されずに排出されるからでしたよね。

 

これは腎臓に問題があるのか?というと問題はありません。なぜなら、尿が臭うのは腎臓が老廃物や不要なものを尿にして出すためなんですよ。

なのでコーヒーの臭い成分は、体にとって不要な成分なので排出されるようです。

 

他にも臭いがきつい食べ物も尿に臭いが出てしまうようですよ。

  • ニンニク
  • ミートソース
  • カレー
  • アスパラガス

などの食べ物を食べた後は尿からそのにおいがすることがあるそうです。

 

尿がコーヒーの臭いがするのは病気ではなさそうですね。でも、コーヒーを飲んでいないのに臭いがした場合は何かの病気かもしれませんよ。