鉄板の意味は?

まずは、鉄板の意味について見ていきましょう。

鉄板の意味は「間違いない、確実、定番」という意味でよく使われます。

鉄板ネタ=ウケること間違いないネタという意味。つまりこのネタをするとスベることはないということ。

鉄板ソング=定番の歌(ソング)という意味。鉄板メニューもこれと同じで定番のメニューという意味ですよ。

鉄板って言葉の意味ってめちゃくちゃ簡単な意味ですよね~

 

これでもう意味はわかりましたよね。

次は鉄板を会話の中で、どう使っていくのかを会話形式で紹介しているので一緒に見ていきましょう。

鉄板はこういう使い方

鉄板は間違いない、確実、定番という意味でしたよね。これをどう会話の中で使っていくのか?これもまた重要です。

 

基本的に先ほど上げた意味のところで使えば間違いないんですが「ここで使うか?」というところで使う人もいなくないんです。

もしかしたら、あなたの使い方も間違っているかも知れませんよ!

間違えて友達に「?」とさせないためにきちんとした使い方を見ていきましょう。

 

■友達との会話

かずき
この前○○ちゃんとデートしたんだって?

たくや
おぉ、でも何で知ってんの?

かずき
情報源は言えないな~、そんなことよりどこ行ったの?

たくや
映画とちょっとお買い物したよ!

かずき
おいおい、鉄板のデートコースだな(笑)

たくや
確かに鉄板だな!

これはデートコースが定番の映画だったので定番=鉄板というように使ったものです。

もう一つ例をあげておきますね。

 

■飲食店での会話

たくや
この店やっと予約とれたんだ

かすき
人気ある店だってテレビでもやってたしな~

たくや
さぁて何食べようかなぁ~

かずき
ハンバーグが一番人気って書いてるよ!

たくや
ハンバーグが鉄板メニューというわけか!

かずき
ハンバーグだけに鉄板というわけか(笑)

A さん
おぉ、そうだな...

この会話では、めったに予約が取れない店に行った二人が人気メニューのハンバーグのことを鉄板メニューと言っていますよ。

これは、人気メニューのハンバーグを間違いなくうまいという意味で鉄板メニューと使っています。

 

ここまでで、鉄板をどう会話で使っていくかイメージ出来てきたのではないでしょうか?

 

使い方を間違えないために間違った使い方の例を挙げておきますね。