一富士二鷹三茄子の意味と由来!モーレツにわかりやすく紹介!!


初夢で出てくると縁起がいいと言えば「一富士二鷹三茄子」

でも、夢で見たからといってどんな意味があるのか、知らない人も多いんじゃないでしょうか。それになんで「富士山、鷹、茄子」が選ばれたのかも気になりますよね。



もし、初夢で一富士二鷹三茄子が出てきたとしても、その意味自体を知らないと元も子もないですからね。

ですから、今後のために一富士二鷹三茄子の基本的なことを知っておくのもいいですよ!

たとえば、一富士はどういう意味とか、何でこの三つが選ばれているのか四以降は作られていないのかなど気になることも多いですよね。



今回の記事では一富士二鷹三茄子についての情報をまとめたので、ぜひ参考にしていってください。




スポンサーリンク

一富士二鷹三茄子の意味とは?


初夢で「一富士二鷹三茄子」見ると縁起がいいのは知ってるけど、結局どういう意味があって縁起がいいのでしょうか?

意味としてはいくつかの説があるみたいです。
  • 富士は「無事」、鷹は「高い」、茄子は「成す」のような掛けことば
  • 富士は末広がりの形をしているので子孫繁栄
  • 鷹は上へ上へと高く飛ぶから運気上昇
  • 茄子は「毛がない」→「怪我ない」から家内安全
などの意味があるとされています。

なるほど、たしかに一富士二鷹三茄子が初夢で出てくると確かに縁起がよさそうですね。でも、意味合い的にあなた個人というよりは、家族を含めて運気上昇という感じですね。

なので独身の私的には鷹が出てくるとうれしいかな?(笑)



一富士二鷹の意味は納得できるけど、なんで「三茄子の毛がない」だけ親父ギャグみたいなんでしょう。



これで一富士二鷹三茄子の意味は納得出来たんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク


先ほど少し触れた

「どうして三茄子だけ親父ギャグ?」

という疑問は、次の章で紹介する一富士二鷹三茄子の由来が関係しているんです。



では、さっそく一富士二鷹三茄子の由来とされる2つの説を一緒に見ていきましょう!


一富士二鷹三茄子の由来!何でこの3つなの?


この一富士二鷹三茄子は江戸時代からあると言われることわざなんです。

古くからある言葉なのでその由来もどれが正しいのかということは、まだ詳しくはわかってはいないそうです。でも、なかには有力な説が2つあることがわかりました。

その中で、最も有力な説はあの徳川家康が関係しています。



徳川家康がどう関係しているのか?

それは徳川家に縁がある駿河の国(現在の静岡県)の名物である、
  • 日本で一番高い富士山
  • 愛鷹山
  • 他より早く実る駿河の初茄子
を価値の高い順番に並べた物が有力な説と言われています。

また、徳川家康が「富士山、鷹狩り、初物の茄子」をこよなく愛したからとも言われています。

さすがは天下を取った家康ですね。

現代にまで語り継がれることわざにまで、影響力を持っていたなんてすごいとしか言えませんね。



さて、次は一富士二鷹三茄子の由来のもう1つの説を一緒に見ていきましょう!


一富士二鷹三茄子の由来!もう1つの説とは?

もう一つ有力とされる説は「お富士さん」で親しまれている駒込富士神社が由来するという説。

この駒込富士神社は江戸時代に富士信仰の拠点の一つ。

先ほど書いた「お富士さん」と今も親しまれています。この駒込富士神社の周りに鷹匠屋敷があり、駒込茄子は名物だったことが由来ともいわれています。

江戸時代(1733年)頃のの文献に「駒込は一富士二鷹三茄子」と縁起物の川柳で詠まれています。



有力な2つの説のどちらも土地の名物が関係していると言うことでしたね。

「茄子は毛が無いは親父ギャグだろ!」

と思ってましたが、毛が無い=怪我をしない(家内安全)というのは後付けされた意味だったのかも知れませんね。

だって、違う土地の人からしたら名物しらねぇし!ってなりますから。

スポンサーリンク


ここまで一富士二鷹三茄子の意味と由来を見てきましたが、実はこの言葉には四以降が存在しているって知ってましたか?

つまり、四○○~があると言うことです。

せっかくなので次は、一富士二鷹三茄子の続きについて見ていきましょう!


一富士二鷹三茄子の続き知ってる?

初夢=一富士二鷹三茄子が世の中の常識ですよね。

でも、ちゃんと四以降の続きがあったんです。



それは、
  • 四扇(よんせん)
  • 五煙草(ごたばこ)
  • 六座頭(ろくざとう)
というものがあるんです。



「でも、続きがあるなら何で省略されてるの?」

と思いますよね。

でも、これにはちゃんと理由があって一富士二鷹三茄子と四扇五煙草六座頭の意味がほとんど一緒だからだそうです。

じゃあ、何で作ったんだろう?



また、四扇五煙草六座頭が続きとして一般的なんですが、実はほかにもいくつか続きがあるので気になった方は以下の記事を参考にしてください!

こちら⇒一富士二鷹三茄子の続き!四以降が省略されてる驚愕の理由!!


まとめ

ここまで一富士二鷹三茄子の意味と由来などについて見てきました。最後に、今回の内容を簡単にまとめたので忘れないうちにおさらいしていきましょう!
  • 富士は「無事」、鷹は「高い」、茄子は「成す」
  • 富士は子孫繁栄、鷹は運気上昇、茄子は家内安全
  • 一富士二鷹三茄子の由来は2つある
  • 由来は徳川家と縁がある駿河(静岡)の名物の価値の高い順
  • 駒込富士神社、鷹匠屋敷、駒込茄子が由来
一富士二鷹三茄子って言葉は年末年始あたりに良く耳にするけど、どういったものなのかって知らなかったんですよね。

でも、今回調べてみるとちゃんと1つ1つ意味があって、由来にも徳川家康が関係しているという得意教科が歴史だった私にはちょっと親しみが持てました。

それと一富士二鷹三茄子の続きがあるのも驚きませんでしたよね。



さて、この記事で一富士二鷹三茄子のことはわかったと思うので、あとはこれから初夢で出てくること願うだけです!



では、今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする