割り箸で滑舌を良くするやり方!1日たったの1分するだけで...


重要なところでいつも言葉が詰まってしまう」「何を言っているかよくわからない」など滑舌が悪いと生活で困ってしまうこともしばしば。

なら滑舌がよくなるにはどうすればいいのか?

それは割り箸を使えば飛躍的に滑舌がよくなりますよ!割り箸で滑舌がよくなる?それほんと?と疑問にお思うかもそれません。

でも、この方法はアナウンサーの方が実践していたことでも有名なんです。



このまま滑舌が悪いのは嫌だという方はぜひこの割り箸を使った滑舌を良くする方法をやってみてください。気づけばキレイに話せるようになりますよ。

では、その割り箸で滑舌を良くするやり方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

割り箸で滑舌を良くするやり方

この割り箸を使った滑舌改善方法は芸能人の方もやっている方法なんです。使う道具は割り箸が2本いるだけなので100均などで買えるのでとっても経済的に行えるというメリットもあります。



そのやり方は
  1. 割る前の割り箸を2本の用意する
  2. 奥歯で割り箸をは噛みます。(割り箸は縦向き)
  3. その状態で「ら・た・な・か・さ」と繰り返し発音する
やることはたったこれだけなんです。これを1日1分を続けているうちに飛躍的に滑舌がよくなります。何事も継続しないと意味がありませんので気長に続けるようにしましょう。





この滑舌改善法をやるうえでの3つポイント!
  • 割り箸を奥歯で挟むときは力を入れずに軽く噛む
  • 割り箸は八の字になるようにする
  • 「ら・た・な・か・さ」を一語ずつしっかり発音するよう意識する
この3つのポイントを意識すればさらに効果的とされています。皆さんが行う際もしっかりと意識するようにしましょう!



<この発音が苦手!>

自分の苦手な発音があればその言葉の前に「」をつけて発音すれば苦手な言葉の改善にもなりますよ!

例えば「さ・た」が苦手であれば「らさ・らた」という風に発音すれば、その発音に必要な下の動かし方が身について苦手の解消につながります。この時先ほどと同じように割り箸を力を入れずに噛むようにしてください。

スポンサーリンク


やっぱり毎日割り箸2本はもったいないと思った方もいることでしょう。割り箸一本でもできる方法があります。

この方法はアナウンサーの方がやっているやり方なので知っておいて損はないです。



それでは割り箸1本使う滑舌改善法を見ていきましょう!

割り箸1本の場合はこうしよう!

先ほどと同じくやり方はいたって簡単です。
  1. 割り箸を横向きにして奥歯で挟みます
  2. その状態で早口言葉を言います。
やってみるとわかりますがかなり言いにくいんですが、だからこそ効果があるんです!

キレイに発音できるまでは何を言っているかわからない状態にはなりますが、やっていくうちに舌が鍛えられうまく舌を使えるようになりますよ!

リポーター
アナウンサーの方は「ぶらじるじんの、ぶらしる、びらくばり」という早口言葉を言っていたので「この早口言葉が良い」というこだわりがなければこれがおすすめです!

なんて言ったって言いにくいですからね。


まとめ

割り箸を使った滑舌改善方法は2本の場合は
  1. 割る前の割り箸を2本の用意する
  2. 奥歯で割り箸をは噛みます。(割り箸は縦向き)
  3. その状態で「ら・た・な・か・さ」と繰り返し発音する
1本の場合は
  1. 割り箸を横向きにして奥歯で挟みます
  2. その状態で早口言葉を言います。
  3. ぶらじるじんの、ぶらしる、びらくばり」など
と1本、2本どちらも簡単にできます。

この時は割り箸を力を入れず、奥歯に軽く挟むのがポイントでしたね。



割り箸は100均でも買えますしお金もそれほどかかりません。それに1日たったの1分やるだけでいいので続けるのはそれほど苦になりませんよね。

継続できれば一流アナウンサーとまではいかなくてもきれいな日本語が話せるようにはなると思いますよ。毎日はできない!という方も続ければ舌が鍛えられるので、時間はかかっても滑舌がよくなります。



滑舌がよくなってキレイな発音ができるよう割り箸を活用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする