耳に水が入った時の抜き方!検証して分かった効果的なやり方はこれっ


「耳に入った水の抜き方って」

と悩みではないでしょうか?



お風呂やプールなんかでは、耳に水が入ることがよくあるので、上手く水を出す方法をしっておきたいですよね。

ネットなどで水の抜き方を調べてみると
  • ドライヤーで乾かす
  • 耳を温めやる
  • 耳を下にして飛ぶ
  • 耳に水を入れて一緒に出す
  • 放置する
などいろんな方法が出てきました。



でも、結局のところどれが一番効果的なのかってのが気になるんですよね〜

私もつい先日耳に水が溜まってしまったので、どの方法がいいのか自分の身体を使って4つの方法を検討してきました!

今回はこの記事で、耳に入った水を抜くときに一番効果的なのはどの方法なのかを検証結果もを元にお伝えできたらと思います。


スポンサーリンク

耳に入った水の抜き方!


耳にたまった水を抜く方法としてよくあげられるのが、冒頭でお伝えしたとおり、
  1. ドライヤーで乾かす
  2. 耳を温めやる
  3. 耳を下にして飛ぶ
  4. 耳に水を入れて一緒に出す
  5. 放置する
この5つの方法がよくあげられられています。

でも、方法が多いのでどれが一番即効性があるのか?これが一番重要です。

早く耳から水を出したいですからね。

では、私が実際に試して効果があったものから紹介していきたいと思います。



まず、一番即効性があるといえば頭を傾けてケンケンと飛ぶのが、一番早く耳から水を抜くことができます。

この時は、耳の後ろを引っ張りながらやるとより水が抜けやすくなっています。

でも、たま〜にこれでも抜けない時があるんですよ。

そのときに試して欲しいのは、自分の耳にもう一度水を入れてから頭を傾けると、ほぼ確実に水を抜くことができると思います。



つまり、いろいろ方法があるけど基本的には、
  1. 耳を後ろに引っ張り頭を傾けてケンケンする。
  2. それでも出なかったら水が溜まった耳に水を入れて、もう一度ケンケンするのがオススメ。
このような手順が私が試して中では、一番オススメな水の抜き方です。



でも、基本的には耳に入った水は半日ほどで自然に蒸発してくれるものです。なので、それほど心配しないでもいいと言われていますけどね。

なので、耳に溜まった水があまり気にならないというなら放置して、蒸発するまで待つというのも1つの手です。

◆こういう場合は注意

先ほどは、半日ほどで自然蒸発するものだと言いましたが、3日以上たっても耳に水が残っている感覚がある場合があります。

これは滲出(しんしゅつ)性中耳炎などの耳の疾患が起こっている可能性があります。痛い場合も同様。

何にせよ耳の違和感が長ければ、耳鼻科にいって診察してもらったほうがいいでしょう。

何事も自己判断は危険やですからね。



スポンサーリンク


ここまで耳に入った水の抜き方をお伝えしましたが、実は、外耳炎を引き起こす可能性がある方法があるんですよ。

知らないと危険なので覚えておいたほうがいいですよ!

では、どのような水の抜き方が危険なのか?一緒にチェックしていきましょう!


耳に入った水の危険な抜き方!


耳に入ってしまった水を抜くときにやってしまいがちなのが、
  1. 綿棒でゴシゴシする。
  2. ティッシュを棒状にして突っ込む。
これをやってしまうのが一番危険と言えるでしょう。なぜ、危険なのか?



「綿棒やティッシュの方が水を吸収出来るじゃないか!」

と思うかもしれません。



しかし、元々は綿棒やティッシュって耳の穴に入れるためのものではないんですよ。

ティッシュは違うのは当然ですが、綿棒って入れ物を見てもらえばわかると思います。

商品説明のところに耳の穴の周りを掃除するためのものなんですよ。なので、穴に入れたとしても1cm以内までにするのが基本。



それに外耳や鼓膜が傷つけられて、外耳炎になる可能性があります。

それ以前に綿棒では、耳に入った水には届きはしないので止めるのが懸命でしょう。


ここまで耳に入った水の即効性の抜き方、間違った抜き方について見てきました。

今までは自分なりの抜き方をしていた方も、今回の紹介した即効性のある方法を試してください!

では、最後に今回のポイントを簡潔にまとめたので、忘れないようにおさらいしていきましょう!


まとめ

今回紹介した内容は、
  • 即効性のある水の抜き方は、頭を傾けて耳を引っ張りケンケンする。
  • ケンケンで抜けない場合は、水が溜まった方の耳に水を入れてその耳を下に向ける。
  • 綿棒やティッシュは外耳炎になる可能性がある。
  • 綿棒は元々耳の周りを掃除するもの。
お風呂やプールって気持ちいいものなので、その後に耳に入ってしまった水って気分的に嫌ですからね。

私が今回検証した結果、ケンケン→耳に水を入れるが即効性あるので是非これからはこれで試してください!

でも、ケンケンをしないで耳に水を入れるやり方だけでも全然OK!



では、今回はこの辺で!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする