新書と文庫本の違い!単行本は?決定的な違いは本のサイズだった!?


「新書と文庫本って何が違うの?」

って思ったことありませんか?



本の種類にはいろんな種類があるけど、新書と文庫本って厳密に何が違うのかってよくわかりませんよね。

私も本は読む方なんですけど、イマイチ何が違うのか?ってわかりません。



私もずっと気になっていたので、今回調べてみると意外と

「えっ?そんなこと?」

という内容だったんですよ。



これは本好きなら知っている内容かもしれませんが、意外と知らない人も多いので、この機会に覚えていってください!



というわけで今回は、新書と文庫本の違い単行本とは?など調べてきたので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

新書と文庫本の違いはサイズ感?


章タイトルにある通り、新書と文庫本の一番の違いは本のサイズの違うことが特徴。

大きさの違いは、
  • 文庫本・・・148×105ミリ
  • 新書・・・173×106、182×103
文庫本は新書に比べて縦が短く作られているんです。出版社によって少し違いはでますが、基本的に小さいのが文庫本。



また、内容的にもこの2つには違いがあって、新書は学術など報道的な内容を専門家が私たちにわかりやすく書いてくれているものが多い。

なので、新書は学習本・教養本が中心



もう一方の文庫本は内容の定義がなく、単行本として刊行された本の売れ行きが良いもが安価で販売された物を呼ぶことが多い。

売れることが見込まれるものを安く販売して、普及して息の長いロングセラーが狙い。

また、新書同様に学術的な物もあり、小説や詩集なども含まれていて内容の種類は多岐わたります。



つまり、新書と文庫本の内容の違いは、
  • 新書・・・教養、学術などの専門的な本。
  • 文庫本・・・小説、学術本など種類が多い
もう1つの特徴としては、新書は新しく書き下ろしたものを販売しているものが多い。逆に文庫本は先ほど言った通り単行本の安価版が多い。



以上が文庫本と新書の違いになります。

どうでしたか?

なんとなく2つの違いがイメージができてきたんじゃないでしょうか。

大きさや出版されている内容に違いがあるのが特徴でしたよね。でも、最近はあまり差がなくなってきているような気がしますけどね。

大体こんな違いなんだなぁと覚えておくのがいいと思います!

スポンサーリンク


ここまで文庫本と新書について見てきましたが、そもそも単行本とはなんなのか知っていますか?

この機会に単行本についても見ていってください!


単行本とは?


新書や文庫本と違って単行本はハードカバーというのがいちばんの特徴ですね。分厚く硬い本というのがイメージです。

また、単行本は基本的には「単独では刊行される本」という意味なので、シリーズ物ではない本というもののことを指すそうです。

ちなみに、ジャンプのような漫画雑誌とは別で、雑誌やムックと逆の言葉で、その漫画だけが載っているというものを単行本とも言います。



こうやって本の種類を見てみるとめちゃくちゃややこしいですね。あまり定義がハッキリしていないので、人によっては捉え方が違うかもしれませんね。

まぁ、コミックの単行本を除けば、ハードカバーの小説は単行本と覚えておくのがいいでしょうか。



この記事を書くために、文庫本や新書について調べていて思ったんですけど、新書と新刊の違いってなんだと思いますか?

意外と知らないんじゃないでしょうか。

せっかくなので次は、新書と新刊の違いについても一緒に見ていきましょう!


新刊と新書の違いは決定的!!

新書と新刊って名前が似ているので、ごっちゃになりがちですが全然違う意味なんです。

というのも新書は先ほど紹介したので省きますが、新刊というのは新しく刊行された本のことなんですよ。

つまり、そもそも新刊というのはほんの種類を指すというよりは、新しく売られる本のことなので違いは決定的。

なので、新しく刊行される新書は「新書の新刊」となるのです。



ここまでほんの種類について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

何気なく読んでいる本にもいくつかの種類があり、大きさや内容などで種類が分けられているんですよ。

まぁ、ややこしいには変わりないんですが。(笑)

では、最後にここまでの内容を簡単にまとめたので、忘れない様におさらいしていきましょう!


まとめ

今回お伝えした内容は、
  • 新書より文庫本の方が縦が短い。
  • 内容は新書が教養的なもので、文庫本は定義がなく多岐にわたる。
  • 単行本とはハードカバーで、シリーズ物でない小説もののことを指す。
  • 新刊は新しく刊行される本のことで新書は別物。
本の種類について見てみると結構面白かったですよね。曖昧ですが定義はちゃんとある様でしたし。

これから本を買うときは「これが新書かぁ」とまた違った見方が出来ますよ!



では、今回はこの辺で!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする