夜にサングラスをかける意味って?調べてみると結構面白かった!!


「夜にサングラスかける意味って?」

と思ったことありませんか?



先日、夜に散歩していると後ろからランニングをしている男性がやってきました。いつもなら何にも思わないんですけど、その人サングラスをしてたんですよ。



そんな光景を見たら、

「あれ?今夜だけど見えてるの?」

と普通に思ってしまいますよね。



ランニングしている人だけでなく、繁華街に行くと夜なのにサングラスをしている人って意外といますよね。

特に男性が多い気がします。

いつもそういう人たち見ていて、夜にサングラスをかける意味ってなんなんだろう?って考えるんです。

ずっと気になっていたんで調べて見ると、夜にサングラスをかける人たちの考えなどが見えてきました!



というわけで今回調べてきた、夜にサングラスをかける意味とその心理逆にかけない人たちの意見、夜の運転にサングラスは大丈夫?についてまとめました。


スポンサーリンク

夜にサングラスをかける意味


サングラスといえば夏の海という印象は誰もが持っていますよね。海辺の日差しが強い眺めを守ってくれるとてもありがたいアイテムの1つです。

このイメージからサングラス=日差しが強い時に使うものという印象。

では、太陽が沈んだ後にサングラスを掛けている人ってどれぐらいいると思いますか?

実は、夜にサングラスを掛けたことがある人って5%ほどしかいないんです。

つまり、ほとんどの人がサングラスは夜にかけるものではないと思っているという事ですよね。



では、なぜ夜にサングラスをかけるのでしょうか?

夜にサングラスを掛けたことがある人の考えや意味などを見て行くとしましょう!

◆夜にサングラスをかける人の考え
  • カッコつけたい。
  • オシャレだと思うから。
  • 外すの忘れていた。
  • 目にコンプレックスがあるから。
  • 目が腫れている、治療中だから。
  • スパイ物の映画に憧れているから。
  • 謎がある人を演じたいから。
  • スッピンだから。
  • 伊達メガネは掛けてオシャレ、夜のサングラスは変はおかしい!
※ネット上で調べた意見なので、全員がこういう意見ってわけではありませんよ!

どうでしたか?

夜にサングラスをかけておる人は、こういう考えや意味があって掛けていることが多いようですよ!

中でも多かったのは、やはり見た目をよく見せたいからというものが多かったですよね。

つまり、夜にサングラスを掛けるのは、コンプレックスを隠したりオシャレに見せたいという考えがあってのことのようです。



中には、夜のサングラスを否定する人に対して、伊達メガネは良くて夜のサングラスはなぜダメなんだよ!という意見がありましたね。

確かに、メガネって見えにくいのを補正するためのものなのに、伊達メガネは度が入ってないので意味がありませんからね。

この意見は確かに的を得ていますね。

まぁ、メガネと違ってサングラスの場合、季節感が強いからという理由もあるとは思いますが…(笑)

スポンサーリンク


これで夜にサングラスを掛けている人たちの気持ちや考えが分かってきましたね。

では、実際にこの夜にサングラスは心理的にどういったものなんでしょうか?

んー、気になりますね!


夜にサングラスを掛ける心理


サングラスを掛けると目は隠されて見えませんよね?これがこの心理的に大きく関わってきます。

人と話しているときも目の役割って大きいです。ことわざにも「目は口ほどに物を言う」とあるように、目からわかることも多いんです。

話していて笑っているけど、目が笑っていないという経験ありませんか?

つまり、サングラスで目を隠している人は、自分の感情が読み取られないようにと考えている人の可能性があります。



中でもサングラスを掛けているのは男性に多いですよね。これは「相手より優位に立ちたい」という心理が働いているからだと言われています。

自分だけ感情は読み取られないけど、相手からは一方的に読み取ることが可能になるわけですからね。

男性は会社など競争社会で生きてきたからなのかも知れませんね。

また、男性は「強い男でいたい」という願望を少なからず誰でも持っているもです。これが理由で掛けている人も多いような気がします。



では、なぜ女性の方がサングラスをつける人が少ないのか?ということですが、女性には自分を隠すアイテムが多いからでしょう。

例えば、メイクをするだけでスッピンの自分より自信が出るので、サングラスを掛ける人が男性より少ないと考えられます。

まぁ、最近はそれほど男女の差は少なくなっていますけどね。(笑)



夜にサングラスをかけている人の考えや意味はもう分かってきましたよね!

では、逆に夜にサングラスをかけない人たちは、かける人のことをどう見ているのでしょうか?


夜サングラスかける人どう思ってる?


さて、夜にサングラスを掛けない!という人たちは、どういう目でサングラスを掛けている人を見ているのでしょうか?

さっそく、いろんな意見を紹介していきますね♪

夜にサングラスを掛けない人の意見
  • 裏稼業の人かよ!
  • どこのエージェント?(笑)
  • 夜は意味ないだろ!
  • オシャレと思っているのがダサい。
  • 一緒に歩くのがちょっと嫌。
  • 街中でも昼ならまだわかるが今は夜だよ?
  • ナルシストだと思ってしまう。
  • 芸能人に憧れてるの?
  • 前が見えてるかわからないのでぶつかりそうで怖い。
  • 目線がわからないので怖い。
※これはあくまで一部の人たちの意見です。



どうでしたか?

結構評判が悪いですね!

まぁ、確かにサングラスは夜のイメージがまだ少ないですからね。

でも、ヨーロッパとかでは夜にサングラスを掛けている人も結構いるみたいですよ。なので、いつか評判悪い意見も少なくなるかも知れないですよ!

それがいつになるかは有名人など、影響力のある人が使っているか次第で変わってくるでしょうね。

もし、大流行して夜の街がサングラスだらけだったら怖いので、ほどほどにして欲しいですけどね。(笑)

スポンサーリンク


たまーに、夜になってもバイクや自転車、車などの運転中にサングラスを掛けている人いますよね。

あれって事故とかしないの?っていつも思うんですよ。

というわけで次は、夜の運転でサングラスは大丈夫なのか?一緒に見ていきましょう!


夜の運転でサングラスは大丈夫?


サングラスとはあなたも知っての通り太陽の眩しさ、紫外線などを防ぐためのものです。

なので、普通は日が沈んだ後はサングラスを外してのした方が安全に運転することが可能です。

しかし、対向車のヘッドライトが眩しい!という理由でつけている人も居るようです。でも、これって本当に危険です。

「でも、眩しいしそれで事故ったら嫌だ!」

というのもわかります。

そういう時は、ちゃんとした夜間用のサングラスの着用がオススメです。

この夜用のサングラスは通常のものと違って、レンズの色が黄色や緑色、オレンジなどで人間が眩しいと思う、ヘッドライトなどをカットしてくれるようです。

ちなみに、私が夜見かけたランニングの方はこれだったと思います。



このサングラスは明るいうちはほとんど役に立ちませんが、雨の日や夜に車やバイクを運転する時にはとってもありがたいですね。

タクシーやトラックのドライバーさんの中にも結構使って居る人が多いみたいです。

夜に眩しいのが辛い方には、この夜用サングラスを検討するのがいいかもしれませんね♪



夜に車やバイクを運転してるのにサングラスを掛けている人はこういう理由があったんですね。

ちゃんと前が見えていてちょっと安心ですね!


まとめ

夜にサングラスをかける事について見てきました。最後に、今回の内容を簡単におさらいしていきましょう!

◆夜にサングラスをかける意味

「かっこいいから。オシャレだと思っている。目にコンプレックスがある、目が腫れている(治療中など)」このように見た目に関係していました。

つまり、よく見せたい、隠したいという意味がある。

◆夜にサングラスを掛けない人の意見
  • ダサい。
  • カッコつけてるけどかっこよくない。
  • 見えにくい!
  • 一緒に歩くのはちょっと嫌。
などといったマイナスなイメージの意見が多く見受けられた。

◆夜の運転にサングラスは大丈夫?
  • 昼用のサングラスは危険。
  • ちゃんと夜用のサングラスを使う。
  • 夜用のサングラスだと目の疲れを軽減できる。
どうでしたか?

夜にサングラスをかける人、かけない人でいろんな意見がぶつかっていましたね。

まぁ、私は昼でもサングラスはかけないんですけど、正直夜にかけていても悪くないと思いますけどね。

ヨーロッパとかだとオシャレで夜にかけたないる人も多いようですからね。

私たち日本人はオシャレといえばヨーロッパというイメージがあるので、いつの間にか影響されて、夜にかける人が増えると面白いんですけどね。(笑)



では、今回はこの辺で!

最後まで、読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする