自動販売機の裏ワザ!返却レバーを使った隠しコマンド3選!!


「自動販売機の裏ワザってどんなのがあるの?」

とお考えではありませんか?



自動販売機の裏ワザと言ったら「一本の料金で数本手に入れる、ルーレットで確実に当てる方法」などを想像するんじゃないですか?

でも、これらの裏ワザってガセネタが多いし、もし本当だとしてもあまり良い行いと言えませんよね。

なので、いろいろ調べてみると自動販売機の返却レバーを使った裏ワザ的な物があったんですよ。

結構面白いので、覚えておくだけでもネタになると思います。



というわけで今回は、自動販売機の返却レバーを使った裏ワザを4つ紹介していきたいと思います!

自動販売機の裏ワザを知りたい!と言う方は、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

自動販売機の裏ワザは返却レバーを使う!

まず最初に紹介するのは、「どっちのジュースを買おうかな?」と迷った時に使える裏ワザです。

その自動販売機で、どのジュースがどれだけ売れているのかを知ることができるというものなんです。



これが分かれば新商品を買おうか迷った時、売れている本数を見れるので、ジュース選びの参考にもできなるので便利です!

では、さっそく売上本数を確認するための隠しコマンドを見ていきましょう!

◆手順
  1. 返却レバーを下げる。
  2. 商品ボタンを長押しする。
  3. 押したボタンの商品の売上本数が金額表示が出る。
どうでしたか?

めちゃくちゃ簡単だったでしょ!

しかし、この裏ワザには少し間違ったところがあるんですよ。それは必ずしも売上本数だけが表示される訳ではないという事。



私が試して見たところによると、
  • 温度が表示される。
  • 残りの本数が表示される。
などといったことが起こることもあります。この2つ以外に無反応だったたりもありました。

つまり、同じ操作をしたとしても会社によって「温度・売上本数・残りの本数など」の違いがありましたよね。

この時は金額が表示される液晶に、表示される数字をチェックして見極めるしかありません。
◆見分け方!

<温度表示>

温度の場合は冷たいもので3〜4℃、温かいものは54〜56℃程度なので、この数値が出たら温度の表記と予想ができます。



<残り本数表示>

残り本数の場合は、温かい飲み物のボタンををして54〜56以下の数字が出た場合は、その自動販売機は残り本数の表示が考えられます。



<売上本数表示>

売上本数の場合は、明らかに表示される数字が大きいことが多いようなので、冷たい飲み物のボタンを押して二桁以上だったら売上本数の表示と考えられる。

以上のことが自動販売機の隠しコマンドの見分け方です。あくまでこれは予想の数値になります。

スポンサーリンク


さて、次は自動販売機を昼間でも商品棚の電気をつける、隠しコマンドを見ていきましょう!


自動販売機を発光させる裏ワザ


お次に紹介するのは自動販売機の照明をピカッと光らせる裏ワザです。夜になると自動販売機の商品のところが光っていますよね。

これから紹介するのは、昼間でも商品のところの照明を光らせるというものです。昼間に商品が見えにくい時やエコモードの時に使えるテクニックです。
◆手順
  1. 返却レバーを下げる。
  2. 商品のボタンを2つ長押しする。
このテクニックが使えるコカコーラの自販機の一部だけしか使えないようです。

なので、自慢げに友人へ披露する時は注意が必要。

ちなみに自販機が点灯した後、しばらくすれば電気が消えるので安心してください!

この裏ワザは何度も繰り返しするのは、やめておいたほうがいいですよ。やっぱり、無駄につけるのはエコじゃないですからね。



次に紹介するのは「あれ?財布に小銭がない!」という時に使える裏ワザです。

とっても便利なので、しっかり覚えていってくださいね♪


自動販売機で両替出来る裏ワザ

さて、最後に紹介するのは、小銭必要だけど無いって時に役立つ裏ワザです!

お札を両替する時といえば、コンビニで安い商品を買ったり自動販売機でジュースを買って小銭に両替しますよね?

しかし、ここで紹介するテクニックは別に今必要で無いものを買わなくても、自販機で小銭を作ることができるんです。



手順はめちゃくちゃ簡単なので、さっそく見ていくとしましょう!

◆手順
  1. 1000円札を入れた後、もう一度1000円札を入れる。
  2. 返却レバーを下げる。
  3. 一枚は1000円札、もう一枚は小銭で出てくる。
どうですか?

本当にめちゃくちゃ簡単だったでしょ。

このテクニックはとっても便利なので是非試して欲しいところですが、あまりしないほうがいいと思いますよ。



もし、この方法を多くの人が行ってしまうと、小銭が少なくなってしまって、次にジュースを買いに来る人の迷惑になりますからね。

「あれ?釣り銭切れてるじゃん!」

となったらお客さんも設置してる業者さんも釣り銭を追加したりと迷惑になるし、自動販売機は両替機ではありませんから。



ちなみに、このテクニックは友人から聞いたんですが、大体だの自販機でも使える裏ワザのようです。

小銭が必要な時の最終手段として頭に入れおいてくださいね♪


まとめ

自動販売機の返却レバーを使った裏ワザについて見てきました。最後に、今回のポイントをまとめておきますね。
<温度や本数をチェック>
  1. 返却レバーを下げる。
  2. 見たい商品ボタンを押す。
<自販機を点灯>
  1. 返却レバーを下げる。
  2. 商品ボタンを2つ押す。
<札を両替>
  1. 1000円札を二枚入れる。
  2. 返却レバーを下げる。
  3. 1000円札と小銭が出で来る。
ここまでお伝えした、自販機の裏ワザはいかがだったでしょうか?

中には役に立つの?と言うものからすぐにでも試してみたいものがありましたよね。

また、面白い隠しコマンドを見つけたら追記していきますね!



では、今回はこの辺で!

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする