炭酸飲料を飲むと胃や喉が痛い!飲んだ時の痛みの原因はこれっ


「炭酸を飲んだ時胃や喉が痛い!」

と思ったことありますよね?



炭酸飲料は喉にシュワシュワときて、喉越しがなんともたまらない!という人も多いでしょう。

でも、炭酸飲料を飲んだ時って喉が痛かったり、胃が痛くなったりすることも結構ありますよね。

美味しいのになぜ痛くなるのでしょうか?

んー、炭酸飲料が好きな方にとっては、気になる問題の1つですよね。



というわけで今回は、炭酸飲料を飲んだ時の胃や喉が痛い原因喉へ悪いのか?などについて書いていきたいと思います。

炭酸飲料大好き!という方は、見ておいた方がいいかもしれませんよ。


スポンサーリンク

炭酸を飲むと胃が痛いのはなぜ?


炭酸飲料を飲んだ時に胃が痛くなるのは、炭酸飲料に含まれる炭酸が原因と言われています。

また、自分自身の体調も関係しています。
  • お腹がゆるい
  • 過敏性腸症候群や胃潰瘍
  • お腹が張っている
  • 運動をしている時
  • 空腹状態
上記の状態で、炭酸を飲むと腹痛になってしまうんです。

では、なぜ炭酸を飲むと胃が痛くなるのか説明していきますね。
◆炭酸と胃の関係

胃の中には、食べた物を消化する「胃酸」がありますよね。この胃酸は結構消化するので、体を守るために胃粘膜というものが存在するんです。

しかし、炭酸を飲むと胃が活発になり胃酸が増えてしまうんです。

なので、普段の胃酸には対応できる胃粘膜も、少しづつ傷つけられてしまいます。

これが炭酸を飲むと胃が痛くなる理由の1つです。



もう1つの原因は人工甘味料によるものです。

ファンタやゼロカロリーの炭酸飲料など多くのものに人工甘味料が含まれていますよね。

この人工甘味料を多くの摂ると腸が水分を吸収しにくくなるので、下痢などの原因になります。

なので、人工甘味料の摂取量は気をつけて置いた方がいいですよ!

いかがだったでしょうか。

上記の2つが炭酸を飲んだ時に胃が痛くなる主な原因です。

でも、胃が健康な状態の時は、少量なら炭酸を飲んでも傷つくことは少ないと思いますよ。

つまり、胃の健康状態と人工甘味料の摂取量に注意しておけば大丈夫だと思います。

スポンサーリンク


炭酸を飲むと痛くなるのは胃だけでなく、喉が痛いと感じる人も多いですよね。

次は、炭酸を飲むと喉が痛い理由について見ていきましょう!


炭酸を飲むと喉が痛い理由


炭酸が好きな理由は喉にシュワシュワーとくるあの感じですよね。このシュワシュワが喉の痛みに関係しています。

炭酸飲料に含まれる炭酸は水の温度と関係が深いんです。冷たいほど炭酸は溶け混みやすいんです。

逆に温度が上がれば炭酸は気化していきますよね?

冷蔵庫から出した時、炭酸の泡が周りに付いてたりするのもそのせい。これはもちろん、炭酸を飲んだ時の口の中で同じことが起こります。

つまり、これが炭酸のシュワシュワの状態です。



口や喉の中は刺激に弱いので、炭酸ガスが刺激となって神経に伝わり痛みを感じてしまうということです。

特に喉はガスの逃げ道が上下しかないので、炭酸の刺激が強く感じるのかもしれません。

つまり、口や喉は刺激に弱いところに炭酸が刺激になるということです。

以上が炭酸飲料を飲んで痛いわ感じる理由です、



でも、たまに痛みを感じてないような人がいますよね。

あれはただ「このくらいの痛みなら我慢できる程度だな〜」という感じだと思いますよ!
  • 1の痛みを痛い人
  • 1の痛みは痛くない人
この違いだと思います。要は感じ方は人それぞれ、だけど喉に刺激があるのには違いありません。

つまり、痛みに慣れてもダメージはあるということです。

スポンサーリンク


炭酸飲料を飲むと喉に悪いという話、聞いたことはありませんか?実際喉に悪い影響があるのか気になりますよね。

次は、安心して炭酸飲料を楽しむためにも、喉に悪い影響があるのか?チェックしておきましょう!


炭酸は喉に悪いの?


炭酸飲料には多く甘味料が入っていますよね。これが原因で水分が奪われて、喉はかわいてしまうんです。

これはあなたも経験ありませんか?

でも。普通の炭酸水なら大丈夫ですよ。でも、砂糖が入っていると唾液がネバネバになり、喉が渇いていると感じるんです。

喉は潤っている方が健康的と言われています。なので、炭酸はある意味喉に悪いのかもしれません、



もう1つ、炭酸を飲む時に注意したいのは風邪の時です。

◆風邪の時の炭酸飲料

炭酸は喉に刺激が強いと先ほどを伝えしましたよね。ということは、喉が痛い時に飲んではダメですよね?

それに喉の潤いも奪われてしまうのも良くないです。

つまり、炭酸飲料を飲む時は喉が元気な時にした方がいいということ。



他にも、柑橘系のジュースも喉に刺激が強いので風邪の時は控えた方がいいですよ!

ちなみに、冷たいものも期間が縮まるようなので、咳が出る原因にもなります。



では、炭酸飲料を楽しむためにも、最後に今回のことをおさらいしておきましょう!


まとめ

今回お伝えしたのは、
  • 胃の調子が良くない時に炭酸を飲むと腹痛になりやすい。
  • 胃が痛いのは炭酸が胃の働きを活発にして、胃酸が胃粘膜を傷つけるから。
  • 人工甘味料も下痢の原因になる。
  • 炭酸で喉が痛いのは、炭酸ガスが刺激に弱い喉には強い刺激だから。
  • 健康な時に炭酸を飲むようにした方がいい。
以上が今回のおさらいです。

いかがだったでしょうか。

炭酸飲料を楽しむためには健康な時に飲むようにすること大量に飲まないことが大切でしたよね。

今回のことを踏まえて、これからも炭酸飲料をたのしみましょう!



では、今回はこの辺りで!

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする