夢精する年齢って?大人になってもするのは病気なの?


「大人になっても夢精するのは病気?」

と不安に思っていませんか?



大人になっても夢精をするのは、病気なのか不安になりますよね。私も時々するので不安に思っていました。

起きてパンツについていると、朝からテンションが下がってしまいますし。

私もずっと気になっていたので、いろいろ調べてきました。原因などを知ることで対策もできるようですよ!

この機会に、夢精について知っておくのもいいですよ。



というわけで今回は、大人の夢精は病気なのか?夢精の原因夢精の対策などについてまとめてみました。

夢精について心配な方は、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

夢精する年齢は?大人だと病気なの?


大人になっても夢精をするのは病気なのか?ということですが、基本的に病気でないといわれています。

これは後に紹介しますが、例外として病気の場合もあります。



夢精というのは、13歳〜16歳の男性によく起こることで、寝ている間の性的な夢で勃起した後に射精してしまうというものです。

また、性的な夢を見なくても起こる場合もあります。



夢精と違い遺精というものも存在しています。

◆遺精とは?遺精いうのは、夢精と違い寝ている時以外に起こってしまう、無意識の射精のことです。

病気ではなく生理現象ですが、病気のサインとしても見られているので判断が難しいようです。遺精が多い人は、何かの病気と関係していると考えられています。

無意識の射精が多い場合は、検査したほうがいいかもしれません。

遺精に関して注意が必要かもしれませんね。

スポンサーリンク


では、次は夢精の原因について見ていきましょう!


大人の夢精の原因とは?


夢精は基本的に、睡眠中に性的な夢を見ることでを勃起後に射精してしまうことですよね。

この夢精を起こしてしまう原因といわれているのは、はいくつかあります。
  • 精嚢線(せいのうせん)や前立腺の働きが活発。
  • 性的行為の禁欲。
  • 疲労によるもの。
この3つが夢精を誘発してしまう原因としてあげられます。

では、詳しく1つ1つ説明していきますね。

◆精嚢腺や前立腺の働き精液の成分を作る精嚢腺や前立腺の働きが活発になって、分泌液を多く出すので自律神経を介して射精してしまうようです。

これは、主に青年期に活発になります。

また、寝ている時って尿が溜まって膀胱が膨らむので、精嚢腺が圧迫されてしまい夢精が起きやすくなると言われています。



◆性的行為の禁欲

女性や一人での性的行為を我慢していると、精液が溜まってしまうので自然と出してしまうということが考えられます。



◆疲労によるもの

疲労によっても夢精というのは、起こりやすくなってしまいます。

体の疲れだけでなく、精神的な疲れも関わってくるようなので注意が必要ですね。

いかがだったでしょうか。

夢精というのは健康体でも起こるということは、お分りいただけたんじゃないでしょうか。



しかし、例外として以下の病気の場合にも起こる事があるようです。
  • 脊髄神経疾患
  • 前立腺炎 など
これらがあることで起こることもあるので、夢精以外に症状が見られるときは注意。

スポンサーリンク


夢精ってパンツについたりして嫌だったりしますよね。

実は、対策方法ってあるんですよ。しかし、完璧に防げるわけではありませんけどね。

では、夢精の対策を見ていきましょう!


夢精の治療や対策


夢精は、一般的に病気でないことが多いということですが、防ぐことができる可能性があります。

原因のところでお伝えしましたが、膀胱によって圧迫されて夢精しやすい状態になるということなので、尿をたまらないようにすることです。

つまり、寝る前にはしっかりトイレに行って膀胱に尿の溜まる量を減らすことです。

これをするだけである程度、夢精の対策になると言われているので、寝る前のトイレは必須。

また、性的行為を我慢するのも原因なので、定期的にマスターベーションをすることによる予防も効果的。



また、遺精の対策も紹介しておきますね。

◆遺精の対策は?遺精は寝ている時以外に起こってしまうので、こちらの方も対策して起きたいですよね。

遺精は神経衰弱や興奮状態が原因と言われているので、リラッスクした状態でいることが大切です。

簡単なところで言えば、運動などでリフレッシュしてストレスを発散するのがいいと思いますよ!

夢精ってちゃんと対策があるんですね。私もこれから寝る前は必ずトイレで尿をしっかり出してから眠るようにします。

夢精して朝パンツについているのってなんだか嫌な感じですからね。


まとめ

大人の夢精について書いてきました。最後に、今回のポイントをおさらいしておきましょう!
  • 大人の夢精は基本的に病気でない。
  • 前立腺などの働き、性的行為の禁欲、疲労などが原因。
  • 例外で、前立腺炎や脊髄神経疾患などが原因の可能性もある。
  • 夢精以外の症状がある場合は病気の可能性もある。ら
  • 遺精が多いと病気のサインと言われている。
  • 寝る前のトイレとマスターベーションの回数などがある程度の対策になる。
大人になって夢精をすると「病気かな?」と不安になってしまいますよね。でも、今回の記事を見ると病気の可能性が低ったですよね。

でも、今回紹介したのはあくまで一般的にいわれていることなので、心配になったら病院で診てもらう方がいいですよ。

心配な方はやっぱり、お医者さんに行った方が安心できますからね。まぁ、私は大丈夫かなと安直に思っていますが…

まぁ、遺精などは病気のサインとしても考えられているので、心配は消えないですけどね。



では、今回はこの辺で!

【合わせて読まれるカラダの話】

尿がコーヒー臭い!これって腎臓に問題があるの?

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする