青タンの意味!どこの方言なの?全国の違った言い方が面白い!!

「青タンできた〜」

という言葉聞いたことはありませんか?

その時青タンってどういう意味?って思ったりしてませんか?これってただの方言なので、あなたの地域の言葉に変えれば簡単。

「なんだよ!そんな意味なのかよ!」ってなりますよ。

それと青タンが、どこの方言なのかについても調べてきました!



というわけで今回は、青タンの意味とどこの方言なのか?全国の青タン言い方についてまとめています。

青タンって初めて聞いた!という方は、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

青タンの意味とは?


青タンって初めて聞いた人なら何それと思うかもしれませんが、これは青あざという意味で使われる言葉です。

どこかに強くぶつけてしまった時、内出血して青くなっているアレのことです。

つまり、青タン=青あざ、痣ということ。



では、この青タンって言葉は、どの地域の方言なのでしょうか?

次は、青タンがどこの方言なのか見ていきましょう!


青タンはどこの方言?

青タンがどこの方言かといえば、私の住んでいる大阪です!と言いたいところですが、全国的に使われているようです。

と言っても使われていない地域もありますが。
◆青タンを使う都道府県
  1. 北海道
  2. 青森県
  3. 秋田県
  4. 福島県
  5. 東京都
  6. 神奈川県
  7. 山梨県
  8. 静岡県
  9. 大阪府
  10. 京都府
  11. 山口県
  12. 徳島県
青タンは元々北海道の方言と言われていて、これが全国的に広まったと考えられています。

いかがだったでしょうか。

意外と青タンって言う地域が多かったですね。全国にここまで仲間が多いとは思ってませんでしたよ!

上記の地域でも使わない人はいるでしょうけどね。

実際、私の同級生に「青あざできた!」と騒いでいるとおちゃらけた男の子がいましたし…

スポンサーリンク


青タンが全国的に使われていることがわかりましたが、他の言い方があるのか気になりませんか?

せっかくなので次は、全国での青あざの言い方を一緒に見ていきましょう!


青あざの方言!地域での違い!


青タンが全国的に使われているようですが、日本には青あざの言い方はたくさんあります。

青タンと使ってる地域にも、もう1つ言い方があったりしますしね。

では、さっそく見ていくとしましょう!

◆全国の青あざの言い方
  • 岩手県・・・くろぢ。
  • 宮城県・・・くろち、よった。
  • 福島県・・・くろなじみ、ぶんず色になる。
  • 茨城、千葉・・・青なじみ。
  • 長野県・・・ちぃーしんでる(血が死んでる)、クロネ。
  • 新潟県・・・死んでる。
  • 静岡県・・・黒ずみ、青ずみ。
  • 愛知県・・・あおぢ、くろぢ、くろにえる。
  • 石川県・・・青しに。
  • 福井県・・・青じん。
  • 三重県・・・黒じみ、くろぢ。
  • 京都府・・・青染(じ)んだ。
  • 和歌山県・・・にえる、にえた。
  • 岡山県・・・くちる。
  • 佐賀県・・・くろちがよった。
  • 鹿児島県・・・つぐろ、つごろじん。
  • 宮崎県・・・青じんたん。
  • 沖縄県・・・おーる。
以上が全国の青あざ、痣の言い方のようです。まだ、他にも言い方があるかもしれませんが、出てきたのはこの辺です。



※この中には間違っているものも含まれるかもしれません。今は使われない言葉もあるかもしれません。

どうですか?

めちゃくちゃ種類が多くないですか?こんなに言い方いるのかよ!とツッコミたくなりますね。

中でも「血が死んでいる」ってなんか漫画のセリフみたいですね。北斗の拳のケンシロウとかが言ってそうです。

さて、上記の中にあなたが使っている痣の言い方あったでしょうか?

無かったら私の調べ不足ですね…(笑)


まとめ

青タンの意味やどこの方言なのか?全国の青あざの言い方について見てきました。

いかがだったでしょうか。

青タンという言葉1つでも、地域が変われば呼び方が変わる。その言葉を知らない人には、通じないなんてこともあります。

それにしても、色々な言い方がありましたね。何か好きな言い方があったら、使ってみるのも面白ですね。

その地域に行った時に本当か聞いてみるのも良いですね!



また、気になる方言があれば調べて見ます。

では、今回はこの辺で!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする