フレーフレーの意味や語源!応援の掛け声を深く知っておこう!!


運動会の時など、スポーツ観戦しているときに聞こえてくる「フレー!フレー!」という応援。



この「フレーフレー」ってどいう意味?

と思ったことありませんか?

何気なく応援の時は、この掛け声を叫ぶのが決まりになっていますが、一体どういう意味で語源はなんなんでしょうか?

応援する時によく使う言葉なので、ちゃんと意味を知っておきたいですね。



というわけで、今回はフレーフレーの意味や語源海外の応援について書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

フレーフレーの意味と語源!


運動会や競技の声援であるフレーは、英語のhurray (フレイ)が由来と言われています。

このhurrayは激励や歓喜を表す叫び声となっている。

英語としては「万歳、やった!」と意味で使われることが多いですが、日本では「頑張れ!」という意味で使われる。

運動会などで使われるようになったのは、大将時代の頃だと言われている。

というのがフレーフレーの意味と語源と言われています。

しかし、このフレーの語源には他にも説があります。
◆他のフレーの語源
  • 旗を振れのふれという説
  • 明治時代、高校の運動部の試合で、応援団が「奮え、奮え」という声援をしたのが始まり。
と外国語が語源ではないという説もあるようです。今のところ、どれが正解というのは分かっていないようです。



以前「綱引きのオーエスって掛け声の意味!語源は意外なものだった!!」という記事で、綱引きのオーエスの語源について書いたんです。

このオーエスは外国語が関係していたので、語源が英語というのは、間違っていないような気がします。

あくまでこれは、私個人の意見なんですけどね!

ただ、昔の言葉の生まれというのは、色々なところで違った伝わり方をしてることが多いので、どれが正しいのか判断は難しそうです。

スポンサーリンク


日本では、応援する時といえば「フレーフレー」ですよね。海外では、どんな応援の仕方なのか気になりませんか?

せっかくなので、次は海外の応援の掛け声を見ていきましょう!


外国の応援はどんな感じ?


さて、海外ではフレーフレーではなくどんな応援をするのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

◆世界の応援!

ドイツ語

「Los!los!」ロース!ロース!

この言葉は「速く!速く!」というふうに使われるようです。スピード競技の応援にぴったりですね。


チェコ語

「Do toho!」ドトホ!

この言葉は「がんばれ」という意味のようです。ちょっと、発音しにくいのは私だけでしょうか…?


イタリア語

「Forza!」フォルツァ!

力や強さという意味ですが、「がんばれ!」と使われることもあるようです


ノルウエー語

「Heia!」ヘイヤ!

ノルウェーの頑張れは、けっこう好きです。ヘイヤ!ってみんなでいうと盛り上がりそうですよね。


フランス語

「Allez!」アレー!

フレーにちょっと近いので、みんながフレーと言っている時に「アレー」と言ってもバレない気がします!

バレても「頑張れ!」っていう意味なんだよ!キラッ、って感じで切り抜けられるので試してくださいね。


フィンランド語

「tsemppiä」ツェンッピア!

日本人にはこの応援発音しにくいですね。練習すればなんとかできるかも!


英語

「Go for it!」ゴウフォーイッ(ト)

それ行け!を意味する英語ですね。これは聞いたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

私の中では、チアリーダーが言っているイメージかな?


韓国語

「파이팅!」 パイティン!


中国語

「加油!」 ジアヨウ!


ロシア語

「Давай」 ダヴァイ!


カタルーニャ語

「Vinga!!」 ビンガ!

これは言いやすいですね。


ギリシャ語

「Μπράβο! Δώστου!」 ブラボ!ドストゥ!


モンゴル語

「урагшаа!」 ウラグシャー!


スゥエーデン語

「Heja!」ヘイヤ!

ノルウェーと同じなんですね。やっぱり、近い地域だと言葉も似てくるんですかね?(笑)

フレーとは言わないのようですね。

あくまで私が調べた内容ですので、これがスポーツでの応援なのかはわかりません。

でも、頑張れという意味で使われる言葉のようです。


まとめ

フレーフレーの意味や語源などについて書いてきました。最後に、ポイントをおさらいしていきましょう!
  • フレーの語源は英語で「万歳」を意味するのhurray
  • 旗を「振れ、振れ」が語源という説もある。
  • 奮え、奮え(ふるえ、ふるえ)が語源の説もある。
  • 海外ではフレーフレーではない。
今回は、運動会でよく聞く応援の声である「フレー!フレー!」について書いてきました。

いかがだったでしょうか?

少しでも、疑問の解消に役立てば私は嬉しく思います。



では、今回はこの辺で!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする