大学芋の名前の由来!「大学」はあの東大が関係していたから!?


大学芋の名前になぜ「大学」と入っているのだろう?

と思ったことはありませんか?



甘くて美味しいサツマイモで出来たお菓子。そのお菓子になぜ大学なんでしょうか。

んー、なんだか気になりますよね。

私も気になったので、由来を調べてみるといくつかの説がありました。どれが正しいということは、まだ判明はしてないようです。



というわけで、今回は大学芋の名前の由来「大学」の意味、大学芋の起源について、調べたことをお伝えしていきます。

大学芋の事で気になっていた方は、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

大学芋の名前の由来


大学芋の名前の由来には、以下の3つの説ありました。
  • 学費のために売っていた説
  • 東大前で販売説
  • 神田で販売していた説
やはり、どれも大学生が絡んでいるのは確かなようです、では、1つ1つの説を詳しく見ていきましょう。


学費稼ぎのため説

昭和の初め、日本がまだ不況だった頃の話です。東大生の中にも学費に困っている人はたくさんいたそうです。

そして東大生の誰かが、サツマイモを使ったお菓子を作って売り始めて、それが大学生の間で大流行し「大学芋」と名前になった。

これが本当のことかは未だにわかりませんが、最も有力といわれている説のようですよ!

いつの時代も流行とかに学生は敏感という事ですね。


東大前で販売説


東京大学の赤門の前に、三河屋というふかし芋屋がありました。

この三河屋がミツを絡めた芋を販売し始め、これが大学生の間で人気になり「大学芋」という名前になった。

また、先ほどと同じように大学生の間で流行したからというものでしたね。


神田で販売していた説

明治に、東京の神田で学生の間でよく食べられていたから「大学芋」という名前になった。

あと、神田には学生が多かったようです。


つまり、大学芋の「大学」の意味は!

ここまで見てみるともうお分かりてますよね。

大学芋の「大学」の意味は…
  • 販売していた東大生のこと。
  • 食べていた大学生の事。
とこの2つのどちらか、または両方が大学芋の「大学」の意味だという事ですね。



大学生の間で流行っていたというのは、なんとも安直な命名ですね。もう馴染んでいるので、変には思いませんが。

でも、もし中学芋なんて名前だったら、なんか変だなと思いますもんね〜。

スポンサーリンク


さて、大学芋の名前の由来については、もうわかりましたよね。では、大学芋はどんな料理が起源か知ってますか?

せっかくなので、次は大学芋の起源について見ていきましょう!


大学芋の起源とは


さて、大学芋はどこから来たのかですが、それは中華料理が起源にと言われています。

中華料理には、大学芋によく似た料理があります。なので、起源はこれではないかと言われています。

それが「蜜濺紅芋(ミーチエンホンユイ)」という料理です。

この料理の作り方は、サツマイモの皮をむいて、ラードで素揚げして、煮た砂糖に揚げたサツマイモを入れる。

大学芋との違いは、ゴマがかかっていないという事以外は大体一緒ですよね。確かに、これを見るとこれがルーツというのも頷けます。

調べると東大生が作った説でも、中華料理を真似て作っていたと出てきました。

あながち、これは間違ってないかもしれませんね。

◆関西では中華ポテト?関西方面では、大学芋より中華ポテトというものの方が主流のようです。

大学芋との違いは、芋の周りの飴の硬さです。
  • 大学芋・・・ゆるいミツ
  • 中華ポテト・・・飴が硬くバリバリ
上記のように蜜の硬さが違うようです。

私は関西人なので中華ポテトの方が馴染みがあります。確かに、周りの飴は硬いですがらそれも美味しいので結構いいですよ!

正直、中華ポテトに比べると大学芋ってあまり食べないかな?たぶん…


まとめ

大学芋の由来や起源について見てきました。最後に、ポイントをおさらいしていきましょう!
  • 大学芋の由来は東大生が作ったから。
  • または、大学生の間で流行っていたから。
  • 大学芋の起源は中華料理。
  • 関西では中華ポテトの方が多い。
大学芋の「大学」が東大が関係しているかもと思うと、さすが日本で賢い人たちが集まる学校だと改めて思いますね。

また、大学生の間で流行っていたからという理由は安直だけど面白ったです。



では、今回はこの辺で!

【合わせて読みたい記事】

大学ノートの由来と語源!名前に「大学」が入ってる理由はコレッ

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする