カップとコップの違い!グラスやジョッキは?意外と知らない定義!!


「カップ取って〜、コップ取って〜」

と飲み物を注ぐ時にこう言いますよね。

あれ?この2つの呼び方って、何か違いがあるの?どちらも同じじゃないの?って思いますよね!

一体何か違いがあるのか気になりませんか?

私も気になって調べてみると、ちゃんと定義があったんですよ!



というわけで今回は…

  • カップとコップの違い
  • グラスやジョッキ
についてまとめてみました。

では、さっそく違いを知りたい方は、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

カップとコップの違い

カップとコップの違いと言うより、コップというのは、飲み物を入れる容器全般のことを指す言葉なんです。

つまり、カップというのはコップの種類の1つということですね。

なので、カップとコップの違いではなく、コップの種類にカップがあるだけと言う話です。

他にもコップの種類は…
  • カップ
  • グラス
  • ジョッキ
などがありますよね。

では、1つ1つどんな定義があるのか?を詳しく紹介していきます。



まず最初は、カップというのはどういうものを指すのか見ていきましょう!


カップとは?


さて、カップというのはどういうコップのことを指すのかといえば、温かい飲み物を入れる取っ手付きの容器を指します。

カップの語源は、オランダ語なんです。「飲み物を入れる取っ手付きの容器」=kopから来ています。

日本でカップというのは、陶器で作られた取っ手付きの容器のことを指すことが多いようです。

ティーカップやマグカップなど事ですね。



他にも、優勝カップは取っ手が付いているのでカップということですね。
◆なんでカップ麺?

カップ麺は取っ手がありません。取っ手がないのでなんでカップ?

では、なぜカップなのかはカップ麺の開発時に見た光景によるものです。

その光景は、コーヒーカップにチキンラーメンを入れて食べられると言うものです。この事で、カップ麺という名前を思いついたんです。

いかがだったでしょうか?

カップとは何かがお分かりいただけたんじゃ無いでしょうか。



では、次はグラスとはどのようなコップのことを指すのか見ていきましょう。


グラスとは


グラスというのは、冷たい飲み物を入れる取っ手のないガラス製の容器のこと。

身近なところでワイングラスやビアグラスとかそういうものがありますね。

ここで難しいのが、熱い飲み物を入れることができる取っ手付きガラス製の容器です。

これはカップなの?グラスなの?ってなりますよね。実は、これ耐熱ガラスの「カップ」になるようです。



コップの種類を区別するには、素材より形や取っ手の方が優先されるようです。

スポンサーリンク


居酒屋でよく見るジョッキの定義とはなんなんでしょうか?

では、次はジョッキとはどのようなコップを指すのか見ていきましょう!


ジョッキとは


ジョッキもコップの種類をの1つなんですが、先ほどまでに紹介した、カップやグラスのどちらにも当てはまらないんです。

取っ手付のガラス製なので、どちらにも分類されないようです。

グラスよりガラスの分厚くて大きいのが特徴です。

居酒屋などで「生1つ!」と生ビールを頼んだら、ほとんどの場合ジョッキに入っていますよね。
◆ジョッキの語源

語源はjug(ジャグ)で「広口で取っ手付きの水差し」という意味。このジャグが訛ってジョッキというのが由来だと言われています。

また、日本でジョッキはビールジョッキのことを指します。注ぎ口が無いためmug(マグ)というのが近いです。

マグ=大型のカップ

まとめ

カップやコップの違いやグラスとジョッキについて見てきました。最後に、ポイントをおさらいしておきましょう。
  • コップは飲み物容器のこと。
  • カップは温かい飲み物を入れる取っ手付きのコップのこと。
  • グラスは冷たい飲み物をいれる取っ手なしの容器。
  • ジョッキは、大きくて分厚いガラス製の取っ手付きの容器。
飲み物をいれる容器にはたくさん種類がありますが、これがちゃんとした定義があったんですね。

毎日使っていたのもなのに、全然知らないものなんですね。



では、今回はこの辺で!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする