カタツムリの駆除方法!効果的な4つの手段を紹介!!


雨が降る日が多くなると、大量に現れて植物を食べてしまうカタツムリ。一生懸命育てた野菜や花が食べられるのは、いい気がしませんよね。

プランターや植木鉢に群がる様子は、正直気持ち悪くて嫌なものです。

植物を守る為にもカタツムリを駆除しないといけません。

でも、どうやって駆除するのが効果的なのかってわかりませんよね。なので、私なりにカタツムリ駆除について、徹底的にリサーチしてきました。



というわけで、今回はカタツムリ駆除の方法カタツムリを放置した場合の植物への害について書いていきたいと思います。

カタツムリに悩まされている方は、ぜひ参考にしてください!


スポンサーリンク

カタツムリ駆除の方法!




梅雨が近づくと増えて植物を食べてしまうカタツムリ。その駆除の方法はいくつかあります。

状況に合わせて使い分けてくださいね。



紹介するカタツムリ駆除の方法は…
  1. 駆除剤を使う。
  2. 銅を使う。
  3. ビールを使う。
  4. コーヒーを使う。
上記の4つがカタツムリ駆除の方法になります。では、1つ1つ詳しく見ていくとしましょう!


カタツムリ駆除剤を使う

カタツムリ駆除で一番効果的なのは、やっぱり駆除剤を使用する方法です。

駆除剤にはいくつか種類があり
  1. 誘引タイプ
  2. 直接噴射タイプ
  3. 広範囲タイプ
このような種類に分かれています。では、どう行った特徴があるのか紹介していきますね。

1.誘引タイプ

誘引タイプというのは、カタツムリにエサを食べさせて駆除するというものです。エサとなる駆除剤を置いておくだけなので、手間がありません。

それと高い駆除効果が期待できます。

中でも、「ナメトール」というものがあるんですが、これが一番おすすめですね。

成分が天然のものなので、ペットを飼われている方にも安心して使っていただけるものになっています。

業務用を買えば広範囲に使うこともできるので、広い場所なら大容量のものを買う方がいいですよ。

2.直接噴射タイプ

直接噴射タイプは、いわゆるスプレーの殺虫剤のようなものです。

花や野菜のお世話をするときに、一本持っておくのもいいと思いますよ!作業中に現れるとビクッとしますからね。

このスプレータイプの使い方としては、誘引タイプに引っかからなかったカタツムリを駆除するのに使うのがいいですね。

いくら誘引タイプが効果的だからと言っても、全てを駆除するのは難しいですから。

合わせて使って次第に数を減らすというのがいい作戦ですよ!

カタツムリを駆除するには、市販の駆除剤を使うのが一番こうかてきですね。

上記のように駆除剤はタイプが有ります。なので、自分にあったも、育てているものに合わせて探してみてくださいね!

スポンサーリンク


でも、カタツムリの駆除剤を買うまでにも、増えて欲しくないから駆除はしておきたいところです。

ということで、ここからは家にあるもので代用できる駆除の方法を紹介していきます。


カタツムリに駆除に銅が効果的

まず、紹介したいのがこの銅を使った方法です。

銅を使って?と思うかもしれませんが、銅の塊を使うというわけではありませんよ。

財布に入っているであろう10円玉を使うだけなんです。

プランターや植木鉢の下皿に10円玉を重ねて置いておくだけで、カタツムリが寄り付かなくなります。

カタツムリは銅が苦手なので効果的なんです。駆除というより撃退方ですね。


カタツムリ駆除にビール!?


このビールを使った駆除方法は結構有名なので、知っている人は多いのではないでしょうか?

ペットボトルを半分に切ったものの中に、ビールを入れておくだけでカタツムリが誘い出されて、溺れて死んでしまう仕組みです。

これはプランターなどの近くに置いておくだけなので、全然手間はかからないんです。



しかし、このカタツムリ駆除の方法には難点があります。それは溺れて死んだ後のカタツムリがゾッとする事ですね。

カタツムリを誘い出したのはいいもののその後の始末が面倒なんです。

なので、虫に耐性がない方はやめて置いた方がいいと思います。


カタツムリ駆除にコーヒー!?


カタツムリになんでコーヒー?って思いますよね。実は、カタツムリってカフェインが苦手なんです。

なので、これは使わない手はないですよね。

カフェインなので、別にコーヒーじゃなく紅茶でも大丈夫です。コーヒーや紅茶を抽出した後のカスを撒いておくだけで寄り付かなくなるようです。

効果的には10円玉と同じ感じです。

注意点としては、紅茶を撒いたら花が紅茶色になってしまうことがあるようです!



カタツムリを駆除しないで放置しておくと、植物にどういった害があるのか知っていますか?

せっかくなので、カタツムリによる植物へどんな害があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

カタツムリによる植物への害とは?


カタツムリは植物の花などの柔らかい部分を好んで食べます。せっかく、育てた花に穴が空いているという事ですね。

それと新芽を食べらると、植物の成長を妨げることにもなります。

ある程度成長した植物なら少数のカタツムリにも耐えることができますが、大量のカタツムリが発生した場合は危険です。

まだ未熟な植物の場合にカタツムリの被害を受けると、苗が茎だけになるってこともあるそうです。

つまり、カタツムリの被害を受けないために、早めに駆除をした方がいいという事。


まとめ

カタツムリ駆除の方法について見てきました。最後にポイントをまとめておきますので、おさらいして行ってくださいね♪
  • カタツムリ駆除剤は誘引タイプとスプレータイプを合わせると効果。!
  • 駆除剤を買うまでは代用方法で駆除する。
  • 駆除剤以外は虫が苦手な人には向かない。
  • カタツムリは早めの対処が大切。
カタツムリ駆除の方法は、いかがだったでしょうか?

この記事を参考にカタツムリを駆除してください。先ほども、お伝えしましたが早めの対処が大切。



では、今回はこの辺で!

【合わせて読まれる記事】

カタツムリとナメクジの違い!衝撃のスピード対決の結果は!?

ナメクジ駆除の方法!育てた野菜や花を守る6つの手段!!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする