「あたりめ」と「するめ」の違い!カロリーって結構高いの!?


「あたりめとするめの違いって?」

と考えたことがないですか?



お酒のおつまみといえば「するめ!」と言う方も多いですよね。でも、このするめとあたりめって、何が違うのでしょうか?

使っている部位が違うのか?作り方が違うのか?イカの細かさが違うとか?

それとも単に呼び方の違い?

んー、身近な食べ物と思っていたけど、意外とその違いってわからないものですね。



というわけで、今回はするめとあたりめの違いさきいかとの違いについてまとめました。

するめやあたりめが好きな方は、この機会に覚えっていってくださいね♪


スポンサーリンク

あたりめとするめの違い!


あたりめとするめの違いは、単なる呼び方の違いです。

これは昔の商人がするめの「する」という部分を損をするという意味と似ているから、縁起のいい「あたり」を使ってあたりめになったという説。

他にも、財布からお金をスルから「する」はお金を盗る意味とも似ているから、あたりめになったという説もあります。

つまり…

スルメの「する」という部分が縁起が良くないから、縁起のいい「あたり」を使ったあたりめが使われるようになったと言うことですね。

昔はするめと呼んでいたから、この2つの呼び方が今でも使われているので別の食べ物と思ってしまっていたんですね。



んー、じゃあ「さきいか」も単に呼び方の違いなのでしょうか?

次は、さきいかについて一緒に見ていきましょう。


じゃあ、さきいかって?


イカを使ったおつまみといえば、忘れてはいけないのはさきいかですよね。

実は、私はおつまみで一番さきいかが大好きなんです。

さて、そのイカを使った人気のおつまみ「あたりめやするめ」と「さきいか」の違いは製造工程にあります。

◆製造工程するめ

イカを縦に切り開き内臓を取り出し、天日干しや機械によって乾燥させたもの。

さきいか

生のイカやするめを炙ってからローラーなどで伸ばし、細かく裂いたもの。

つまり違いは…
  • するめは乾燥させたもの
  • さきいかは炙って裂いたもの
これがするめとさきいかの違いです。

するめを自分で裂いくより、機械で裂いているさきいかの方が、細かいため噛み切り易いですよね。

ちなみに、ソフトさきいかはするめではなく生のイカを使っているためより、柔らかい食感になっているようです。

ここまでで、イカを使ったおつまみの違いは完壁ですね。

スポンサーリンク


するめやさきいかって美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。でも、一体どれくらいのカロリーなんでしょうか?

せっかくなので、次はするめやあたりめ、さきいかのカロリーや栄養について見ていきましょう。


するめやさきいかのカロリー

するめやさきいかって見た目からだとあまり高カロリーには見えないけど、どれくらいなんでしょうか。


では、するめのカロリーから紹介しますね。

<するめ>

100gあたり約334kcalです。

思っていたよりするめって高カロリーと思いますよね?でも、100gのするめって結構多いんですよ。

するめは裂いてから食べますよね。この裂いた一切れって大体約2gくらいなんです。つまり、一切れ6.6kcalなので結構低いんです。

このことから、するめダイエットというのが存在する理由がわかりますね。



<さきいか>

100gあたり約280kcalです。

するめと比べると少しさきいかの方が、カロリーが低いですね。



ここまでのことを踏まえると食べてもあまり太らないかも!と思いますよね。でも、するめやさきいかには塩分が多いため、あまり食べ過ぎは良くないようです。

塩分の取り過ぎは、むくみの原因にもなると言われているので、カロリーが低いからといっても、塩分を摂り過ぎては意味がないですね。



なので、もしダイエットに活用するのであれば、お腹が空いた時の間食に、するめやさきイカを活用するのがオススメです。


まとめ

するめとあたりめの違いやさきいかとの違いについて見てきました。最後に、今回のポイントをまとめておきますね。
  • するめとあたりめは呼び方の違い。
  • するめは乾燥、さきいかはするめを炙って伸ばして細かく裂いたもの。
  • カロリーはさきいかの方が低い。
  • 塩分が多いので食べ過ぎは禁物
するめとあたりめって単に呼び方の違いだったんですね。

コンビニにどっちも置いてあるから、両方買ったら同じものを買ったことになってたんですよ。

それに私が大好きなさきいかは、製造工程が違うんですね。確かに、手で裂いてはあんな食感作れませんもんね。

あと、するめやさきいかの食べ過ぎはやめようと、気付かされたのが一番大きかったです…



では、今回はこの辺りで!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする