チョークの作り方って?家でも簡単に出来る4つの方法!!


チョークって家でも作れるって知ってますか?

私も最近ネットで見てビックリしたんですが、チョーク作り方って4つもあるんです。

家にあるもので簡単にできるものから、材料を購入しないといけないものまで、チョークの作り方は様々です。

チョーク作りは、お子さんとも簡単に作ることが出来るので、楽しく作ることができますよ!

形を工夫すればインテリアとしても使えるので、アイデア次第でたくさんの楽しみがあるんです。



というわけで、今回はチョークの作り方を4つ紹介していきます。自由研究などにも使えるので、ぜひ参考にしてくださいね♪


スポンサーリンク

チョークの作り方!


チョークの作り方にはいくつか種類があります。

家にあるものですができるものから、材料を買わないといけないものまであります。



その中で今回紹介するチョークの作り方は…
  • 石膏チョーク
  • 卵の殻を使うチョーク
  • 紙粘土を使うチョーク
  • 再生チョーク
上記のようにチョークの作り方は4つあり、どれが自分には作りやすいのか考えて選んでください。

では、チョークの作り方を1つ1つ詳しく紹介していきますね。


石膏チョークの作り方

まずは、石膏チョークの作り方を見ていきましょう。石膏チョークというのは、学校で使われているものと同じように作れます。

さて、その材料は…
  • 焼き石膏
  • 好みの色の絵の具
  • 流し込む型(シリコンが望ましい)
材料は家にあるものだけでは作れないのが難点です。でも、一番いい感じのチョークはこの石膏を使う作り方です。

買うと言ってもホームセンターで、焼き石膏を買うだけなんですけどね。

では、作り方を見ていきましょう。

◆作り方
  1. 焼き石膏と水を計量する。チョーク1本は焼き石膏約10g(焼き石膏の袋に書いてある割合を守る)
  2. 色をつけたい場合は水に絵の具を混ぜてから、焼き石膏と混ぜていく。早く固まるので注意!
  3. 混ぜ終えたら型に流す。
  4. 乾燥したら型から外せば完成。
いかがですか?

焼き石膏さえ買ってしまえば、簡単に作ることができることが、お分かりいただけたんじゃないでしょうか。



材料を揃えるのがめんどくさい!という方は、次の家にある物で出来る作り方は必見ですよ!

スポンサーリンク

チョークの作り方(卵の殻)

卵の殻で作れるの?と思いますよね?

でも、卵の殻の成分と学校で使われているチョーク成分はほぼ一緒なんです。

さて、その材料は…
  • 小麦粉
  • 熱湯
  • 卵の殻
  • 食用色素
食用色素は無くても大丈夫なんですが、白以外の色を作りたいときは必要ですね。

では、その作り方を見ていきましょう。

◆作り方
  1. 卵の殻を粉々にしておく。
  2. 小さじ1杯の小麦粉と同量の熱湯を混ぜ合わせる
  3. 粉々に砕いた卵の殻と、食用色素を小さじ1杯分混ぜ合わせます。
  4. あとは形を整えて乾燥しおくだけ。
卵の殻をを使った再利用は、エコにもなるのでいいですよね。

卵の殻は再利用で、学校の白線を引くものにも使われることがあるようですよ!


チョークの作り方(紙粘土)

紙粘土でチョークなんかできるのか?と思われるかもしれませんが、どうやらできるようなんです!

作り方としては紹介する中で一番簡単です。

さて、その材料は…
  • 紙粘土
  • 好みの色の口紅
この作り方が一番材料が少ないです。でも、紙粘土は買いに行かないといけませんね。

でも、100均で買えるので面倒ではないですね。

◆作り方
  1. 紙粘土を平らにして口紅を乗せて包み込んでいきます。
  2. まんべんなく色が着くまで混ぜていきます。
  3. チョークの形に整える。
  4. 最後に、乾燥させやすい場所に置いて完全に乾燥するまで置いておくだけ。
(大体、3日くらいで乾燥します。)

この紙粘土を使ったチョークで作った人の中には、書けないと言っている人もいるようです。

なので、もしかしたら書けないかもしれません…



次に紹介するのは、短くなって書けなくなったチョークを使っての作り方です。

スポンサーリンク

再生チョークの作り方!


さて、その材料は…
  • 使えなくなったチョーク
  • 水(チョークの重さの60%)
学校でチョークを貰えるのなら、この作り方が一番エコでいいかもしれません。

では、その作り方を見ていきましょう。、

◆作り方
  1. 使えなくなったチョークをハンマーで粉々にしていく。(この時少し粒を残す)
  2. 砕いたものを30g計る。
  3. すりこぎで練るようにつぶす。
  4. 粉に対して水を60%入れてよくこねる。
  5. 好きな形に作って乾燥させる。
  6. 表面がきちんと固まったら完成です。
短くなって書きにくくなったチョークを集めて作ることができるので、めちゃくちゃエコですよね!

学校で使わなくなったチョークを集めて作れば自由研究としては、結構いい感じと思いますよ!



それとこの再生チョークは、色を組み合わせることによって色を作ることができます。なので、自分なりに混ぜてみるのも面白ですよ!

以下に組み合わせの例を挙げておきますね。

◆色の組み合わせ
  • 赤色+青色=紫色
  • 青色+黄色=緑色
  • 青色+白色=水色
  • 赤色+黄色=オレンジ
それと赤色+青色+緑色=黒色になるようですよ!

自分の好きな組み合わせられるので、ぜひ、自分好みの組み合わせを編み出してくださいね!




今回チョークの作り方をいくつか紹介してきました。

材料を買いに行かないといけないものもあるので、面倒かもしれませんが、作ってみると結構楽しいのでヘッチャラですよ!

お子さんと作ればさらに楽しいこと間違いなしです。



では、今回はこの辺で!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする