冷風機と扇風機の違い!冷風扇は?電気代や性能を徹底解説!!


「冷風機と扇風機の違いって?」

「冷風扇ってなに?」

ということでお悩みではないでしょうか?



冷風機や扇風機ってな目が似ているけどどんな違いがあるのかって、いまいち知らないものですよね。それに、もう一つ冷風扇って似ている名前のものもあります。

この違いを知らずに購入してしまった日には災難です。

私は今回調べるまで知らなかったんですが、どれも性能やかかる電気代が結構違うんです。特に電気代については、本当調べてよかったと思います。



今回は、冷風扇と扇風機の違いと冷風扇との違い、性能や電気代などに掘り下げていきたいと思います。名前しか知らないという方にも参考になる内容になっていますので、一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

冷風機と扇風機、冷風扇の違い!

冷風機とは

さっそく、性能や仕組みから見ていきましょう。



冷風機とうのはエアコンと同じような仕組みです。というのは、取り込んだ空気を冷やしてから出すというものです。



しかし、エアコンとの違いはあります。
  • エアコンは冷やした空気を室内に、暑い空気を室外機で外に排出。
  • 一方で冷風機は、冷たい空気と同時に暑い空気も同時に排出。
「でも、熱風が出るからダメじゃん!」

と思いますよね。

でも、冷風機には移動ができるという利点があります。それに除湿もでき、エアコン取り付けられない場所でも使えるので便利というわけです。

スポットクーラーやスポットエアコンと言われる事から、エアコンの小さい版というイメージが一番しっくりきますね。
  • 電気代・・・約9円/1時間
  • 価格・・・3万円~7万円
冷風機がどういったものかはお分かりいただけたと思います。



次は、扇風機と冷風扇について見ていきましょう。


扇風機と冷風扇とは


冷風機と調べれば、高確率で扇風機や冷風扇と出てきますよね。

扇風機は知っての通り、プロペラが回って風を起こすというものですよね。直接当たればまだ涼しいですが、室温を下げるにはあまり貢献できませんね。



でも、やはり性能が低いからか冷風機と比べると電気代や本体価格はお手頃。
  • 電気代・・・約0.5~1円/1時間
  • 価格・・・1000円~2万円


では、冷風扇とはどういったものなのでしょうか?

◆冷風扇とは



〈仕組みと性能〉

冷風扇は名前は冷風機似ではいますが、仕組みや性能は全くの別物なんです。冷風扇も空気を冷やすという面では同じです。

その冷やす方法が、気化熱を利用したものが冷風扇ということです。

気化熱というのは、汗をイメージすれば一番わかりやすいんじゃないでしょうか。汗は体温を下げるためにかきます。かいた汗が熱を持って蒸発するから体温が下がるというもの。

冷風扇も同じく、本体に入れた水を蒸発させて室内の温度を下げるという仕組みです。

でも、これって水分が空気中に増えることになるので、湿度が上がって余計ジメジメするという方も少なくないんですよね。

簡単に言えば、冬場に濡れたタオルで加湿するようなものです。


  • 電気代・・・約1円/1時間
  • 価格・・・1000円~14000円
ここまでで、冷風機と扇風機、冷風扇の違いは見えてきましたね。

スポンサーリンク


次にわかりやすく表を用意しています。もう一度、この3つがどう違うのかを見比べていきましょう!


違いをまとめると!

さて、もう3つの違いに関してはもう十分な情報はそろいましたね。では、今までのことをまとめた表はこちらです。
性能 電気代 価格
冷風機 冷房と除湿 約9円/1時間 3万円~7万円
冷風扇 気化熱 約1円/1時間 1000円~14000円
扇風機 風を起こす 約0.5~1円/1時間 1000円~2万円
冷風機は一番性能がいいけど、その分価格や電気代がかかってしまう。扇風機や冷風扇は性能は低いが、価格や電気代が安く済むというものですね。

エアコンがつけられない場合に、冷風機はとても便利なのでいいかもしれません。


使うなら効果的に!

冷風機、扇風機、冷風扇の3つにはそれぞれのメリット・デメリットがありましたよね。
  • 冷風機・・・温風も一緒に出てしまう。
  • 扇風機・・・風だけなので空気は冷えない。
  • 冷風扇・・・温度が下がってもジメジメする。


このメリット・デメリットをうまく活用して使えば、効果的に使うことができます!

では、どうやって使えば効果的か、一緒に見ていきましょう!

◆冷風機の使い方!

温風が一緒に出てしまうというデメリットがありましたね。

こういう時は。冷風機の後方から温風が出るので、その出口を違う部屋に向けてしまうというのが単純で最も効果的な使い方です。

もちろん、温風が出ていった方は涼しくはならないですが…



◆冷風扇の使い方!

この場合は、使い方うんぬんより、住んでいる地域の湿度によりですね。乾燥している地域であれば、温度も下がるし湿度は上がって潤うという最強の機械と言えますよね。

なので、湿度が高い地域では余計ジメジメ感が上がって、不快な思いをしてしまうこともあります。



◆扇風機の使い方!

やっぱり、扇風機はエアコンとの合わせ技が一番効率よく使えますよね。空気を回すという意味では、一番の風力がある扇風機で、冷たい空気を循環させ早く室温を下げれます。

そのあとは、エアコンを切って扇風機でもしばらくは大丈夫かな?

これは、家にもよりますが…

まとめ

今回は、冷風機と扇風機、冷風扇の違いを性能や電気代などで見てきました。最後にm今回のポイントをまとめているので、一緒におさらいしてきましょう。
  • 冷風機は冷房・除湿。
  • 冷風機は気化熱で室温を下げる。
  • 扇風機は風を起こす。
  • 電気代は冷風機>冷風扇>扇風機の順番
  • 本体の価格は冷風機>冷風扇>扇風機の順番。
今回紹介した3つは名前が似ていたけど、性能や価格といったものが全然違いましたね。夏場になれば、どれかは必要になるかもしれません。

ちなみに、私は扇風機とエアコンを組み合わせて使う派です!



では、今回はこの辺で!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする